« 【遊】第26回 国分寺まつり (7) 最終回 | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第16回(2009/11/3) »

2009年11月 2日 (月)

【雑】木枯らしと贈物

わるいこともあれば、いいこともある。
人生なんてそんなものさ、なんちゃって。

仕事帰り、勤め先の玄関をでると、強い風雨だった。
風が真冬のように冷たかった。
駅まで5、6分歩いただけなのに、ズボンから靴から靴下まで濡れてしまった。

気象庁の発表はなかったけれど、東京も、木枯らし一号と呼んでいいような天候だった。


「木枯らし一号」 ― Wikipediaより ―

 ユーラシア大陸から日本に向かって吹いてくる季節風が日本海を渡るときに水分を含む。日本海側ではこの風が時雨となって雨を降らせ、太平洋側では雨によって水分を失い乾燥した空気が木枯らしとなる。
 気象庁では10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置になったとき、北よりの風速8メートル以上の風が吹くとその風を「木枯らし」と認定する。そして毎秋最初の木枯らしを木枯らし一号(こがらしいちごう)として発表する。関東地方における1992年から2001年の10年間の平均では11月7日頃である。「木枯らし二号」や「木枯らし三号」もあり得るが、発表は行われない。なお「木枯らし一号」は関東地方(東京)と近畿地方(大阪)でしか発表されない。

木枯らしを題材にした楽曲
12の練習曲 作品25-11 イ短調 『木枯らし』(作曲:ショパン)
木枯しの季節(歌:浜田省吾、作詞・作曲:浜田省吾)
木枯しの二人(歌:伊藤咲子、作詞:阿久悠、作曲:三木たかし)
木枯しの少女(歌:南沙織、作詞・作曲:Bjorn Ulvaeus・Benny Andersson、編曲:葵まさひこ)
木枯しの精(歌:南沙織、作詞・作曲:丸山圭子、編曲:萩田光雄)
木枯らしのダイアリー(歌・作詞・作曲:松任谷由実、編曲:松任谷正隆)
木枯しに抱かれて(歌:小泉今日子、作詞・作曲:高見沢俊彦、編曲:井上鑑)



Sembikiya1_2家に帰ると、うれしい贈物が届いていた。

行きつけのパン屋で、プレゼントに応募したら当たってしまったのだ。
じぶんではまず買うことのない、高級果物の詰め合わせ。
マンゴー、パパイヤなんて、めったに食べることはない。

♪ きみたち キーウィ パパイヤ マンゴだね ♪
  (郷ひろみ)

このところ果物づいていて、わが家は今、果物のストックが豊富だ。
うれしいな。

銀座千疋屋 フルーツギフト

Sembikiya2_4

|

« 【遊】第26回 国分寺まつり (7) 最終回 | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第16回(2009/11/3) »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/46656441

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑】木枯らしと贈物:

« 【遊】第26回 国分寺まつり (7) 最終回 | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第16回(2009/11/3) »