« 【読】しあわせって、なんだっけ なんだっけ | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第22回(2009/12/4) »

2009年12月 3日 (木)

【読】グレートジャーニー

さっそく読みはじめた関野吉晴さんの新書。
これが、とてもいい。

Sekino_great_journey_1関野吉晴
 『グレートジャーニー ①中南米~アラスカ篇』
  ちくま新書390 2003年刊
  188ページ 950円(税別)

120点のカラー写真が美しい。
足かけ十年にわたる「人力」の旅のエッセンスという感じで、駆け足ではあるが、旅の途中での現地の人たちとのふれあいが、この人らしい。
あたたかさを感じる。

<1990年、私は「私のグレートジャーニー」を計画した。人類拡散の「グレートジャーニー」を逆ルートで、自分の脚力と腕力だけで辿ろうというものだ。/南米最南端パタゴニア・ナバリーノ島からビーグル水道をカヤックで漕ぎ出したのは、1993年12月5日のことだった。ここを出発点として、アメリカ大陸を北上、ベーリング海を渡り、ユーラシア大陸を横断して、人類誕生の地であるタンザニア・ラエトリに到達したのが、2002年2月10日。足かけ10年の旅となった。> (「グレートジャーニーとは」 本書P.9)

<われわれの周囲を見渡してみよう。金属、プラスチック、化学繊維、合成樹脂だけでなく、それが何でできているか素材のわからない物がほとんどだ。私たちと自然のあいだには、しっかりと障壁が作られている。自分たちが自然の一部であるということも忘れてしまう。> (「シンプル」 本書P.83)


星野道夫さんや池澤夏樹さんの志向に似たものを感じる。
ついこのあいだまで、この人のことを知らなかったのだが、いい人に(書物の世界で)出会えたことがうれしい。

|

« 【読】しあわせって、なんだっけ なんだっけ | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第22回(2009/12/4) »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

関野吉晴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/46929042

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】グレートジャーニー:

« 【読】しあわせって、なんだっけ なんだっけ | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第22回(2009/12/4) »