« 【歩】トウカエデ | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第23回(2009/12/6) »

2009年12月 6日 (日)

【読】関野吉晴さんの対談集

地域の図書館には置いていないようなので、ネット注文で購入した。
対談相手の面々が魅力的。

対談集の類いが好きで、こういう本は長く手もとに置いておきたいと思う。


Sekino_taidan_2『関野吉晴対談集』
  ― グレートジャーニー 1993~2007 ―
 東海大学出版局 2007/6/21刊
 270ページ 2400円(税別)

船戸与一さんとの対談は、『諸士乱想』に収録されていて、すでに読んだ。
池澤夏樹、萱野茂、赤坂憲雄、椎名誠、といった、私の好きな人たちの名前が並んでいる。
たのしみな本だ。

読みおえた 『幸福論』 (長倉洋海さんとの対談)は図書館に返却したのだが、入れ替えに新本を買ってしまった。
それほど魅力的な本だ。
図書館の本には帯がなかったが、「作家・船戸与一氏激賞!」というキャッチがうれしい。

もう一冊、長倉洋海さんの本を図書館から借りてきた。
『フォト・ジャーナリストの眼』 (長倉洋海/岩波新書/1992年刊)

Sekino_nagakura_kofukuron2_2Nagakura_photo_journalist

|

« 【歩】トウカエデ | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第23回(2009/12/6) »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

長倉洋海」カテゴリの記事

関野吉晴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/46948769

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】関野吉晴さんの対談集:

« 【歩】トウカエデ | トップページ | 【観】定点観察(銀杏並木) 第23回(2009/12/6) »