« 【雑】おみくじ | トップページ | 【雑】年賀状 »

2010年1月 1日 (金)

【歩】鈴木ばやし

熊野宮から足をのばして、西武新宿線の線路の東側にある武蔵野神社へ。
ここも、参道には長蛇の列ができていた。

参拝はしないで、「鈴木ばやし」 のお囃子を見物してきた。
小平市の広報紙 「市報 こだいら」 第1210号(2010/1/1)の記事で知った。

【市報 こだいら より】

小平市無形民俗文化財指定40周年
 小平の祭りを彩る 鈴木ばやし

 遠くまで響き渡る太鼓やかねの音で、「今日はお祭りだ」と気づく方も多いことでしょう。このお囃子は鈴木ばやしと言い、江戸時代の弘化年間(1844~1847)、鈴木新田(現在の鈴木町)の深谷定右衛門が、江戸近郊から伝えたものだといわれています。
 鈴木ばやしは、昭和45(1970)年に市の無形文化財に指定されてから、今年で40周年を迎えます。年間50回ほど、市内の祭りや各種イベントで演じられています。
 その名の通り、もともと鈴木新田の人々が演じていたそうですが、文化財指定の折に鈴木ばやし保存会が結成されました。現在は、小平市内全域、昔からの住民も新たに越してきた住民も分け隔てなく会員になることができ、市民のお囃子として愛されています。
 元日には武蔵野神社境内で、市民どうしの心を結ぶお囃子が演じられます。ぜひ、ご覧ください。


10010100301001010039

|

« 【雑】おみくじ | トップページ | 【雑】年賀状 »

四季 冬」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】鈴木ばやし:

« 【雑】おみくじ | トップページ | 【雑】年賀状 »