« 【雑】快晴、日帰り温泉へ | トップページ | 【遊】墓参と蕎麦 »

2010年1月 9日 (土)

【読】長倉さんの写真集を “読む”

昨年の暮れに図書館から借りてきた写真集。
今日が返却期限だったので、あわてて貸出延長して、じっくりと読んでみた。
写真集なので 「読む」 というのか、「見る」 というのか。

B5変形版、総ページ416、上質紙のずっしりと重い本だ。
ところどころに、長倉さんの文章がある。

Nagakura_chi_o_kakeru長倉洋海 『地を駆ける』
 平凡社 2009/10/8 初版第1刷発行
 416ページ 4800円(税別)

書店でみかけた時、おもわず手にとってレジに向かったが、思いなおして書棚に戻した。
手もとに置きたいほどの、いい写真集だが……。
そうそう本ばかり買っていられないので、図書館から借りてきたのだ。

前にも書いたが、この人は、ほんとうに人間が好きなんだなと、あらためて思う。
世界中、どこに行っても現地の人たちに愛され、「ヒロミ、ヒロミ」と慕われている。
とくに、子どもたちに。


今年は、長倉さんが撮った、そんな子どもたちの写真(カレンダー)といっしょに暮らそう。

Jvc_calendar_2010_2「子どもたちの大地」 写真 長倉洋海
 JVC CALENDAR 2010

特定非営利活動法人
  日本国際ボランティアセンター (JVC)
   http://www.ngo-jvc.net/

JVC国際協力カレンダー2010 『子どもたちの大地』
 http://www.ngo-jvc.net/calendar/

|

« 【雑】快晴、日帰り温泉へ | トップページ | 【遊】墓参と蕎麦 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

長倉洋海」カテゴリの記事

コメント

わたしも写真には関心があり、長倉さんのも印象的だなと思っています。今「日曜美術館」(TV)でセバスチャン・サルガドを見ていました。ルワンダやエチオピア難民、イラク湾岸戦争等々、強烈なものでした。司会のカンサンジュンらしい企画でしたよ。

投稿: みやこ | 2010年1月10日 (日) 09時56分

> みやこさん
私はこのテレビ番組を見ませんでしたが、興味ぶかいですね。
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2010/0110/index.html

投稿: やまおじさん | 2010年1月10日 (日) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/47246139

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】長倉さんの写真集を “読む”:

« 【雑】快晴、日帰り温泉へ | トップページ | 【遊】墓参と蕎麦 »