« 【歩】春の気配 | トップページ | 【雑】六花亭 »

2010年2月25日 (木)

【読】できたてのほやほや(船戸与一新刊)

船戸さんの新刊。
発売前からネット予約していて、つい先日入手。
きのうから読みはじめた。

Funado_ugetsu_1Funado_ugetsu_2船戸与一 『新・雨月』
 ― 戊辰戦役朧夜話 ― (上・下)

徳間書店 2010/2/28発行
508ページ/496ページ
各 1900円(税別)

幕末・維新期の歴史冒険小説。
といっても、船戸さん一流の「叛史」だから、いまブームの坂本龍馬のような「正史」をにぎわす有名人は、背景としてしか登場しない。
私は、新撰組や龍馬などを扱った小説やドラマが、嘘っぽくてどうも好きになれない。
フィクションのような、フィクションでないような……いかにも、「実在しました」というのが、いやだな。

ひさしぶりの船戸ワールド。
こちらは、「フィクションだが真実」という、骨太の「船戸史観」がベース。
楽しみだ。



― Amazon より ―

新・雨月 戊辰戦役朧夜話 上
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198629048
内容(「BOOK」データベースより)
西軍・長州藩の間諜・物部春介は修験僧に扮していた。木戸孝允から新発田藩での一揆使嗾の命を受け、成功。次に武器商人スネル兄弟経営の商館を潰すため新潟にむかった。長岡の元博徒・布袋の寅蔵は、家老の河井継之助に信服して組を解散。以降、継之助のために動いている。会津藩政務担当家老・梶原平馬は奥羽越列藩同盟結成を機に、北方政権樹立を夢みる。慶応四年、生き残りをかけた各藩の思惑と、時代の流れのなかで、うごめき死にゆく者たち。

新・雨月 戊辰戦役朧夜話 下
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198629056
内容(「BOOK」データベースより)
白河口は膠着状態にあった。西軍側は伊地知正治と共同で指揮をとるため、土佐の板垣退助が加わった。奥羽越列藩同盟軍による白河の小峰城奪回の総攻撃は8回とも失敗。長岡城を奪還したものの、負傷した越後の蒼龍・河井継之助は斃れ、そして秋田久保田藩が西軍側に寝返り、続いて三春藩が裏切った。奥羽越列藩同盟の瓦解が始まった。戊辰戦争がもたらしたものとは…常に叛史の視点から作品を生み続け、冒険小説を牽引してきた船戸与一が、近代への幕開けに真っ向から取り組んだ渾身の巨編。

|

« 【歩】春の気配 | トップページ | 【雑】六花亭 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

船戸与一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/47662879

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】できたてのほやほや(船戸与一新刊):

« 【歩】春の気配 | トップページ | 【雑】六花亭 »