« 【遊】小仏関所 | トップページ | 【雑】春先の雪 »

2010年3月 7日 (日)

【読】読了 「新・雨月」(船戸与一)

昨夜、ようやく読みおえることができた。

Funado_ugetsu_1Funado_ugetsu_2船戸与一 『新・雨月』 (上・下)
 ― 戊辰戦役朧夜話 ―
 徳間書店 2010/2/28発行

下巻最終章に、主要な登場人物たちのその後が記されている。
27ページにわたり、皇族・公家、薩摩藩、長州藩、土佐藩、佐賀藩、旧幕府および佐幕派、長岡藩および新発田藩、棚倉藩・二本松藩・三春藩、庄内藩・米沢藩、秋田久保田藩・盛岡藩、仙台藩、桑名藩、会津藩、各々の歴史上の人物が数多くあげられている。
これだけでも勉強になりそう。

この小説にちらっと名前だけ登場する柴太一郎の末弟が、後に陸軍大臣になった柴五郎である。

<鶴ヶ城陥落時、北越戦線で負傷し会津若松に戻って来るのが遅れた柴太一郎は東京に護送されて謹慎。明治三年斗南に移住して藩庁に出仕したが、食料購入の代金を横領され、その責任をとって禁固刑に服す。のちに下北郡長、大館郡長、南会津郡長などを歴任。大正十二年八十四歳で没。弟の柴四郎はアメリカ留学後、東海散士の筆名で政治小説『佳人之奇遇』を書き、第一次大隈重信内閣で農商務次官。末弟の柴五郎は日清戦争で軍功を挙げ、福島県初の陸軍大臣となるが、その著書『ある明治人の記録』では旧会津藩史たちの斗南でのすさまじい窮乏生活が描かれている。> (P.491)

『ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書』 (石光真人編著/中公新書)を持っていたはずなのに、みつからない。
友人に貸したままかもしれない。
本の整理が悪いので行方不明。
はじめの方を読みなおしてみたかったので、近くの図書館から借りてきた。
こういうとき、図書館はありがたいものだ。

ついでに、何冊か戊辰戦争関連の本をみつけ、借りてきた。
この機会に、戊辰戦争について少し知っておこうかと思う。


Ishimitsu_shba_gorou2Sasaki_boshin_sensouHoshi_ouueetsu_doumei『ある明治人の記録』
 石光真人編著 中公新書
『戊辰戦争』
 佐々木 克著 中公新書
『奥羽越列藩同盟』
 星 亮一著 中公新書





Hoshi_boshin_sensou星 亮一 『平太の戊辰戦争』
   ― 少年兵が見た会津藩の落日 ―
 角川選書 1998年発行
 266ページ 1400円(税別)

興味ぶかい本だ。



<会津戊辰戦争の歴史は、従来、会津藩士とその家族たちの義に殉じる凄絶な悲劇や敗者として歩んだ過酷な運命が強調されがちだった。しかし、十五歳の少年兵・平太が体験し、記録したこの戦争には、「もうひとつの戊辰戦争」ともいえる現実があった。エリート少年たちの白虎隊とは別に、平太は父と同じ部隊に所属して越後を転戦する。激戦で負傷した父を会津城下に連れ帰り、さらに薩長軍がなだれ込む城下の大混乱の中から瀕死の父を裸足で背負って辛うじて逃げのびたあげく、父の憤死を看取る。平太は藩首脳部の武士道精神とは異なる意識で、戦争と人間の現実のあり方を見すえていた。>

|

« 【遊】小仏関所 | トップページ | 【雑】春先の雪 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

船戸与一」カテゴリの記事

コメント

やまおじさん様
 柴兄弟の名に惹かれてお訪ねしました。
柴太一郎、四朗、五郎兄弟と戊辰戦争にご興味がありましたら、『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』はいかがでしょう。いくつかの図書館にあり取り寄せられますが。
 自薦し厚かましいですが、柴兄弟のこと知ってほしくてコメントさせていただきました。

 貴ブログの書名、人名に刺激を受け、もう少し本を読まなくちゃと思いました。

投稿: 中井けやき | 2010年9月 6日 (月) 22時55分

>中井けやき さん
コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。
お書きになった本『明治の兄弟 柴太一郎、東海散士柴四朗、柴五郎』は、残念ながら小平の図書館には置いていませんでした。
(武蔵村山市立図書館と、23区内のいくつかの図書館にはありましたが)
Amazonでみたのですが、ちょっと手が出ない価格でした。
興味ぶかい内容ですので、機会があれば……。

投稿: やまおじさん | 2010年9月 7日 (火) 21時20分

やまおじさん
 ご丁寧なコメントありがとうございます。
そんな本があると気にとめていただけただけでうれしいです。

 明日は図書館にいって 船戸与一作品のどれかを借りてみます。なんか楽しみです。

投稿: 中井けやき | 2010年9月 7日 (火) 22時55分

>中井けやき さん
「けやきのブログ」拝見しました。
私の関心事と重なる部分もあり、なんだか嬉しく思います。
私のこのブログの「おすすめサイト」にリンクをはらせていただきました。

投稿: やまおじさん | 2010年9月 8日 (水) 18時09分

やまおじさん様

 リンク張って下さって名誉なことです。
運動をして土砂降りの中帰宅して今日は疲れましたが、【読】読了を開いて(^o^) 疲れはどこへやら。ありがとうございます。
 
  
 

投稿: 中井けやき | 2010年9月 8日 (水) 21時41分

やまおじさん様
 ドジしました。やまおじさんのリンクをけやきのブログに張ろうとしてリンクを送ってしまったようです。取り消してください。そしてリンクをお送り下さい。未熟お騒がせすみません。

投稿: 中井けやき | 2010年9月 9日 (木) 08時53分

>中井けやき さま
私のブログのURLは、ブログの上部にあるタイトル「晴れときどき曇り」をクリックしていただければ、出てきますが……。
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/
これです。

投稿: やまおじさん | 2010年9月 9日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/47748026

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】読了 「新・雨月」(船戸与一):

« 【遊】小仏関所 | トップページ | 【雑】春先の雪 »