« 【雑】団地の桜 | トップページ | 【歩】桜の季節がきた »

2010年4月 2日 (金)

【読】希望をもつ理由

Goodall_reason_for_homeREASON FOR HOPE
     ――A SPIRITUAL JOURNEY
 by Jane Goodall with Philip Berman, 1999

この本の原題だ。
「希望をもつ理由」「魂の旅」――読みおえて、なるほどと思った。


邦題 『森の旅人』
 ジェーン・グドール/フィリップ・バーマン 著
 上野圭一 訳  松沢哲郎 監訳
 角川書店  2000年発行

半生をチンパンジーとともに過ごした世界的霊長類学者、ジェーン・グドールの魂の遍歴――キャッチコピーふうにまとめると、こういう本だ。


幼い頃、イギリスでドイツ軍の空襲を体験し、ナチスを憎み、結婚、離婚、出産を経験し、癌で二度目の夫と死別して絶望を味わい、チンパンジーの社会にもある殺し合いを目にして心を痛め、人類の行く末に絶望し――それでも、未来に希望をもって生きる。
強い人だ。

その強さはどからくるのか。
幼い頃からの信仰、キリスト教的倫理観。
科学者の冷静で論理的な思考。
たぐいまれな忍耐力。
そして、なによりも、この人はあらゆる生きものが好きなのだ。

まったく頭がさがる。
私は、この人ほど未来に希望がもてないが、勇気づけられる一冊だった。
たくさんの人たち、とくに、人類の将来をになう若い人たちに読んでほしい、と思う。


<本書は……二度の結婚生活とその破局や死別をはじめ、プライベートな側面も率直に記すことによって、たましいの旅路を淡々と描いた、著者のはじめての本格的な自伝である。> (訳者あとがき:上野圭一)

<本書では、あかんぼうのときの記憶にさかのぼって、生い立ち、青春時代が綴られている。多くの人が経験するような、初恋や、激しく人を想う恋があったことも吐露している。……>
<……本書には、宗教・哲学・詩という三つの要素が色濃い。人間ならだれでもが、生来、ナチュラリストとしての資質をもって生れてくるのかもしれない。その魂が、暖かい母子の絆とキリスト教的倫理観に育まれ、アフリカの森や自然に触れて、さらに深く普遍的なものになった。…・・> (解説:松沢哲郎)



さて、続いて読んでいる本がこれ。

Mitsui_jinrui700mannen_2『人類進化の700万年』
   ― 書き換えられる「ヒトの起源」 ―
 三井 誠 著
 講談社現代新書 2005年発行

新聞社勤務のジャーナリストだけあって、読みやすく、学者がおちいりがちな偏狭な視点にたつことなく、興味ぶかく人類進化の歴史が書かれている。

|

« 【雑】団地の桜 | トップページ | 【歩】桜の季節がきた »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/47979244

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】希望をもつ理由:

« 【雑】団地の桜 | トップページ | 【歩】桜の季節がきた »