« 【歩】満開 | トップページ | 【雑】四月は花ぐもり »

2010年4月 6日 (火)

【読】イヴの七人の娘たち

日曜日、図書館でこんな本をみつけて借りてきた。
読みはじめると、じつに面白い。

Bryan_sykes_seven_daughters『イヴの七人の娘たち』
 ブライアン・サイクス 著
 大野晶子 訳
 ソニーマガジンズ 2001年
 358ページ 1600円(税別)

 THE SEVE DAUGHTERS OF EVE
   by Bryan Sykes, 2001

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789717593

「ミトコンドリア・イヴ」に関する、興味ぶかい話だ。


― 以下 Wikipedia より ―
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%96

ミトコンドリア・イブ

ミトコンドリア・イブ(Mitochondrial Eve)とは、人類の進化に関する学説に対してマスコミが名付けた愛称で、アフリカ単一起源説を支持する有力な証拠の一つである。

カリフォルニア大学バークレー校のレベッカ・キャンとアラン・ウィルソンのグループは、できるだけ多くの民族を含む147人のミトコンドリアDNAの塩基配列を解析した。これを元に彼らは全てのサンプルを解析し系統樹を作成した。すると、人類の系図は二つの大きな枝にわかれ、ひとつはアフリカ人のみからなる枝、もう一つはアフリカ人の一部と、その他すべての人種からなる枝であることがわかった。これはすなわち全人類に共通の祖先のうちの一人がアフリカにいたことを示唆する。このように論理的に明らかにされた古代の女性に対してマスコミが名付けた名称が「ミトコンドリア・イブ」である。

ミトコンドリアDNAは必ず母親から子に受け継がれ、父親から受け継がれることはない。したがってミトコンドリアDNAを調べれば、母親、母親の母親、さらに母の母の母の…と女系をたどることができる(この場合、父親の系統を遡ることはできない)。またミトコンドリアDNAは組換えを経ることがないため、個々人のミトコンドリアDNAの違いは突然変異のみによると考えることができる。

「すべての人類は母方の家系をたどると、約15-30万年前に生きていた一人の女性にたどりつく」

|

« 【歩】満開 | トップページ | 【雑】四月は花ぐもり »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/48016538

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】イヴの七人の娘たち:

« 【歩】満開 | トップページ | 【雑】四月は花ぐもり »