« 【楽】【読】村上春樹さんとジャズ (続) | トップページ | 【読】自分に酔う人、酔わない人 »

2010年5月19日 (水)

【読】負けない

ビリー・ホリデイの自伝を読むのがしんどくなったので、ちょっと脇に置いといて、ひさしぶりに勢古さんの軽い新書を読んでいる。
明日には読みおえることだろう。

Seko_makenai勢古浩爾 『負けない』
 ちくまプリマー新書 2009/6/10発行
 191ページ 780円(税別)

<「勝ち組・負け組」という二分法には、とりあえず否を唱えたい。/生きることにおいて「勝ち」も「負け」もないからだ。/「強いか弱いか」や「損か得か」だけで人を測らず、「美しいか醜いか」という基準を見失わない。それが「負けない」である。>
(本書カバーより)

しごくまっとうな、あいかわらずの勢古節が心地よい。
が、初期の勢古さんの著作にあった鋭さが感じられず、構成も安直で、ちょっとさびしい。

それでも、このところ身辺に「負けそう」になるような事態がおきている私にとっては、慰められる言葉がちりばめられている。
自分に「負けない」――まあ、くじけずにやっていきましょうや、ということか。

そういえば、「生きてるだけでまる儲け」 というのが、明石家さんまがじぶんの娘に 「いまる」 と名づけたワケだという話を聞いたことがある。
ほんとうかどうか知らないが。
勢古さんも、この本の中でおなじことを言っている。

「生きてること、それだけでいいんだよ」 ―― 中島みゆき風の問い 「生きていてもいいですか」 には、そう答えよう。

|

« 【楽】【読】村上春樹さんとジャズ (続) | トップページ | 【読】自分に酔う人、酔わない人 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

勢古浩爾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/48402944

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】負けない:

« 【楽】【読】村上春樹さんとジャズ (続) | トップページ | 【読】自分に酔う人、酔わない人 »