« 【楽】休日の朝に聴く上々颱風 | トップページ | 【読】再読 「菅江真澄 みちのく漂流」 »

2010年5月 9日 (日)

【楽】上々颱風の初期傑作アルバム

今朝書いた内容の続き。
上々颱風の初期(Epic/Sony時代)傑作アルバムといえば、これだろう。

ゆうげい社、古澤良治郎さんの企画力が大きいと思う。
アルバムの構成がすばらしいし、アレンジ・演奏に厚みがある。
ゲスト・ミュージシャンも、古澤さんをはじめ、峰厚介、閔栄治(チャンゴ)、他、錚々たるメンバーが参加。

なんといっても、名曲 「八十日間亜州一周」「アジアのこの街で」 が泣かせる。
サトちゃんの「夕暮小路」もいいし、「夜の河を渡れ」や「酔いどれ」も佳曲。

このアルバムも、ひさしぶりに聴いてみた。
ブックレットもしゃれている。


Shangshang5_1Shangshang5_3_2

上々颱風 八十日間亜州(アジア)一周  1994年発売
 Epic/Sony  ESCB 1512

収録曲
アジアのこの街で/講釈「歌」/音頭取りオンリー・ユー/My Girl/八十日間亜州一周/講釈「香織」/ピンクのチャリンコ/夕暮小路/夜の河を渡れ/酔いどれ/チャイナタウン・シャッフル/守ってあげる


そういえば、住友生命「どくしん時代」のCMソング 「守ってあげる」 は、当時、私もテレビで見ていたはずだが(上々颱風が奇抜な衣装で登場)、その頃、このバンドのことをまったく知らず、ほとんど関心を持たなかった。
惜しいことをしたものだ。

― Wikipedia 上々颱風 より ―
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E3%80%85%E9%A2%B1%E9%A2%A8
1991年の夏には日本航空の沖縄キャンペーン「上々沖縄(しゃんしゃん・おきなわ)」のCMに「愛より青い海」が使われ、音楽だけでなくメンバーも出演。また住友生命の商品「どくしん時代」のCMでメンバーが「入った人だけ守ってあげる どくしん時代」と歌いながら登場し、話題になった。

Shangshang_mamotteageru

|

« 【楽】休日の朝に聴く上々颱風 | トップページ | 【読】再読 「菅江真澄 みちのく漂流」 »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

上々颱風」カテゴリの記事

こんな音楽を聴いた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【楽】上々颱風の初期傑作アルバム:

« 【楽】休日の朝に聴く上々颱風 | トップページ | 【読】再読 「菅江真澄 みちのく漂流」 »