« 【雑】さくらんぼ | トップページ | 【山】【読】ヒマラヤ »

2010年6月27日 (日)

【歩】つゆどきの花

梅雨と書くより「つゆ」の方がしっくりする。
今日のこの蒸し暑さ。
用があって団地のなかのポストと近所のコンビニまで歩いているあいだ、まるでビニールハウスのなかにいるような蒸し暑さだった。

キスゲが咲いていた。
タチアオイが花ざかり。
西洋アジサイのさまざまな花の形は、芸術的といってよい造形の美だ。


撮影 2010/6/27(日) 東京都小平市(小平団地)
花の説明は、『「花と木の名前」1200がよくわかる図鑑』(主婦と生活社・2005年)、『山渓ポケット図鑑2 夏の花』(山と渓谷社・1994年)他に拠った。

タチアオイ (立葵)
 別名:ホリック アオイ科
 アジア西南部原産の一・二年草

10062700011006270038_2

クチナシ (口無、梔子、巵子)
 別名:ガーデニア
 本州以西、中国、インドシナに至る暖帯、亜熱帯に分布する常緑樹。
 花が豪華なのはオオヤエクチナシ(下の写真)で、欧米では以前、
 コサージュとして使われていた。

1006270004

キスゲ/ユウスゲ (夕菅)
 花が夕方開きはじめるのでこの名がある。
 スゲは葉の形からきたもの。キスゲともいう。
 団地のなかにひっそりと植えられていたが、たぶんキスゲ(ユウスゲ)だと思う。

1006270013

ビヨウヤナギ (美容柳、金糸桃)
 オトギリソウ科
 中国中南部原産の半常緑低木。
 よく間違われるが、同じく中国原産のキンシバイに比べ、花は大型で、
 雄しべが花弁よりも長く伸び出るのが特徴。
 またキンシバイの葉は水平に行儀よく並ぶが、本種は並ばない。
キンシバイ (金糸梅)
 オトギリソウ科
 中国原産の半落葉樹で、初夏に鮮黄色の5弁花を枝先に咲かせる。
 短い雄しべが5束に分かれるのが特徴。
 葉は水平に並んで対生する。

(左) ビヨウヤナギ (右) キンシバイ

10062700221006270007_2

アジサイ (紫陽花)
 別名:ハイドランジア
 ユキノシタ科
 アジサイの名はハイドランジア属の和名なので、広義ではノリウツギやミナヅキなども
 含むが、協議ではガクアジサイの花序全体が装飾花に変化して手毬状となった
 品種群をさす。
 鉢花用として欧米で改良された園芸品種群(一般にハイドランジアの名で出回って
 いるもの)も、アジサイと呼んでさしつかえない。
 近年は、カシワバアジサイやアナベルなど、海外から導入されたアジサイも
 人気を呼んでいる。

(二段目左) カシワバアジサイ

10062700211006270030

10062700311006270033

10062700341006270035

    

|

« 【雑】さくらんぼ | トップページ | 【山】【読】ヒマラヤ »

四季 夏」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

梅雨時の花、いいですね。友人夫妻が来たので、高山植物を見せに旭岳まで行ってきました。ロープ・ウェイですから、楽でした。まだ残雪がありましたが、小さな植物がきれいでした。

投稿: 玄柊 | 2010年6月28日 (月) 09時18分

>玄柊さん
北海道も暑い日が続いているようですが、この梅雨の高音多湿にはまいっています。今年は気のせいかとくにきつく感じます。
旭岳、いいですね。これから高山植物の季節ですね。

投稿: やまおじさん | 2010年6月28日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】つゆどきの花:

« 【雑】さくらんぼ | トップページ | 【山】【読】ヒマラヤ »