« 【読】さすがだね、みゆきさん | トップページ | 【遊】すもも 太陽 »

2010年8月22日 (日)

【遊】塩山 BUN BUN Bear

塩山においしいランチを食べさせてくれる、かわった店があるということを、大雅園のお嬢さんのブログで知った。
昨日、朝早く車で家をでて、国道411号線の柳沢峠を越え、塩山市街に向かう坂道の途中にあった。

気まぐれランチ BUN BUN Bear
 甲州市塩山 上小田原56

1008210017_21008210001国道411号からの入口がわかりにくいが、看板がでている。
狭い坂道を登るとすぐに特徴的なドーム状の建物が目にはいる。
店主の高橋文子さんが書かれた本によると――

<2004年春、10年以上かけて山梨県甲州市に自分たちで建てた家に移り住む。2007年春、家造りのために寝泊まりしていた小屋を使い、週末だけオープンするレストラン「BUN BUN Bear」を開店。地産地消を実践し、地域の恵みを使った「気まぐれランチ」を出す。>

店内は狭いが、とても落ちつく空間だ。
こんなお店があったんだなあ。

高橋文子さんは、さっぱりとした気性が感じられる、魅力的な女性だった。
笑顔がすてきだ。

さて、いただいた「気まぐれランチ」だが、野菜を中心とした季節の食材をつかったオリジナル・メニュー。
ひとつひとつの料理が、いったいどうやって作ったのだろう?と思うほど、手がこんでいて、おいしい。

私たちの
 「これ、材料は何ですか?」
 「どういう風につくるんですか?」
という、矢継ぎ早の質問に、いちいちていねいに答えてくださる。

まあ、そんなわけで、1時間半も長居をしてしまった。

食前の地ビールからはじまる料理は、下の写真のとおり。
もともと骨董がお好きな方らしく、器がこっている。

これで900円(ビールと、デザートは別料金)である。
なんと贅沢な。
満腹感がありながら、肉や魚料理がないぶん、腹にもたれない。
まさに、ヘルシーである。

ただし、肉や魚をまったく使わないわけではないらしい。
この日も、ピーマンの肉詰めがあった。


10082100021008210003

1008210004_21008210005

10082100071008210012

上は、前菜風にでてきた小鉢、小皿と、雑穀ご飯、お吸い物。
下が、メインのプレートだ。

1008210010

デザート。
コーヒーカップも、骨董風の器。

10082100131008210014


店内に展示されていた小物と、高橋さんの本を購入。

1008210008Takahashi_humiko

Bun_bun_bear_1Bun_bun_bear_2

Bun_bun_bear_3_2   

こういうお店は口コミで評判がひろがる。
ネット検索でみつけた、いくつかの記事。

あの道はよく通っていたのに、気づかなかっただけらしい。
ずいぶん前から評判だったようだ。

クセになりそうなお店だ。


ただもんじゃないbun bun bearさん,かつぬま朝市のブログ
(2008/5/11)
 http://katsunuma-asaichi.seesaa.net/article/96329228.html

BUN*BUN BEAR ― みどりの船 ―
(2007/6/6)
 http://blog.goo.ne.jp/furanist/e/f7d42ee748bf805dfe3598c53ddafbc1

ショコラーへの道: BUN BUN BEAR
(2008/5/19)
 http://www.cakepia.info/blog/chocolat/10301.html

魚ブロ: Bun Bun Bear
(2010/8/11)
 http://uo-blog.sblo.jp/article/40100015.html

|

« 【読】さすがだね、みゆきさん | トップページ | 【遊】すもも 太陽 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 夏」カテゴリの記事

ちょっと遠くへ」カテゴリの記事

塩山 BUN BUN Bear」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】塩山 BUN BUN Bear:

« 【読】さすがだね、みゆきさん | トップページ | 【遊】すもも 太陽 »