« 【読】グレートジャーニー 縦糸と横糸 | トップページ | 【読】65年前の夏 »

2010年8月10日 (火)

【読】ひさしぶりに小説なんぞ

まだ上巻の半分しか読んでいないが、とてつもなく面白いので。

Asada_owarazaru_natsu1浅田次郎 『終わらざる夏』 (上)
 集英社 2010年7月発行
 467ページ (下巻 458ページ)
 各 1700円(税別)

新聞の紹介記事で目にして、図書館から借りようとしたら予約の行列ができていたので、書店で購入。
評判らしく、平積みになっていた。

浅田次郎のものは初めて読む。
この作家は、人情の機微を描くのがうまいなあ、と感心しながら読んでいる。
随所に、ぐっとくるシーンがふんだんにあって、目頭が熱くなる。


東京新聞 2010年7月24日(土) 夕刊記事

20100724_tokyo_shinbun 

|

« 【読】グレートジャーニー 縦糸と横糸 | トップページ | 【読】65年前の夏 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

浅田次郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/49115096

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】ひさしぶりに小説なんぞ:

« 【読】グレートジャーニー 縦糸と横糸 | トップページ | 【読】65年前の夏 »