« 【読】65年前の夏 | トップページ | 【読】勢古浩爾さんの新刊二冊 »

2010年8月19日 (木)

【読】読了 「終わらざる夏」(浅田次郎)

日曜日に読みおえた。
終盤、ちょっともの足りなさを感じたけれど、いい小説だったと思う。

Asada_owarazaru_natsu1Asada_owarazaru_natsu2浅田次郎 『終わらざる夏』 上・下
  集英社 2010年7月

占守島で戦った日本兵は、ソ連軍の捕虜となり、シベリアに抑留されるのだった。
この小説の最後は、シベリアのラーゲリの場面で終わってもよかったのではないかと思う。

構成が凝りすぎのようにも感じた。
もう一度読むか、と言われれば、たぶん読まないだろうが、小説の醍醐味を堪能したことは確か。

(「醍醐味を堪能」 なんて、ありきたりの言いまわししか持ちあわせのないのが、ちと悲しい)


そういえば――と、思いだした本がある。
占守(シュムシュ)島をはじめとする千島列島と、そこを生活の場としていた、いわゆる「北千島アイヌ」の苦難が描かれた、すぐれたノンフィクションだ。
二年前の夏、夢中になって読んでいたはずなのに、すっかり忘れていた。
私はいったい何を読んでいたのやら……。


Kosaka_yousuke_toubou小坂洋右 『流亡 日露に追われた北千島アイヌ』
  道新選書/北海道新聞社 1992年

本棚からひっぱりだしてみると、付箋がたくさんつけてあった。
いろんなことを感じながら読んだのだろうな。
わずか二年前のことをあまり憶えていないとはなあ。
ちょっと不安になる。

2008年7月2日(水)
 【読】星野道夫さんの本棚
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_42aa.html

|

« 【読】65年前の夏 | トップページ | 【読】勢古浩爾さんの新刊二冊 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

浅田次郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/49192285

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】読了 「終わらざる夏」(浅田次郎):

« 【読】65年前の夏 | トップページ | 【読】勢古浩爾さんの新刊二冊 »