« 【読】勉強になるなあ | トップページ | 【遊】深大寺そば感謝祭 »

2010年11月27日 (土)

【遊】武蔵国分寺公園とライトハウスのうどん

今日も秋晴れ。
武蔵国分寺公園の駐車場に車をとめ、公園内を歩いて真姿の池に下り、お鷹の道近くにあるうどんの店へ。

もうすっかりお馴染みになった、ライトハウス(Light House)というお店だ。
「店」というのか「テラス」というのか。
10人も座ればいっぱいになる、こじんまりした店舗。
ここのうどんはおいしい。
私たちは開店当時からのリピーター。
きょうは先客が数組あり、ようやく座れるだけの席がなんとかあいていた。

メニューと周辺の地図が店頭に置いてあったのでいただいてきた。

Light_house_menuライトハウス
 Light House
国分寺市東元町3-19-14
042-322-0122
開店 AM11:00~
閉店 日没頃
水曜日お休み

住宅街の中、ごく普通の住宅の駐車スペースをテラス風に改造した店舗なのでめだたないが、幟(のぼり)が目印。路地をはさんですぐ隣りにコイン・パーキングがあるが、満車のことが多いため、車で行く場合は武蔵国分寺公園の駐車場(有料)にとめるのがいいだろう。
店主は、中央線沿線で創作中華料理のお店をやっていらした方なので、どのメニューも工夫がされていて、おいしい。
少しずつクチコミの噂がひろがって、お客さんが増えているようだ。お店のファンとして、うれしい。

10112700381011270040

この季節、私のお気に入りは、「かき揚げミルキーカレーうどん」(580円)。
かみさんは、「九条ねぎと野菜かき揚げうどん」(580円)をいただいた。
夏場は、冷たいうどんもある。
帰りに、自家製の昆布佃煮と、揚げまんじゅうはちみつバターポテトを購入。
揚げまんじゅう(つぶし餡)はドーナツ風で美味。
はちみつバターポテトも、サツマイモと蜂蜜の甘さのミックスが絶妙で、とてもおいしかった。
昆布の佃煮(400円)は、お店で使っている羅臼昆布の出汁(だし)をとったあと、捨てるのがもったいないので作ったものだそうだ。
前回訪問時に購入しておいしかったので、今日もまた購入。
やや濃いめの味付けだが、山椒がきいていて、ご飯のおかずにもってこいだ。

10112700431011270044

お店(兼 ご自宅)の前に、大きな皇帝ダリアが咲いていた。
もう、そんな季節になったんだな。
ちょうど今、「バードハウスギャラリーウォーク2010」という催しが、国分寺バードハウス振興会の主催でひらかれているらしい。
そのせいで人出が多かったのかもしれない。
ライトハウスも「バードフィーダー」の会場になっていて、いくつも展示されていた。
(「バードフィーダー」とは、野鳥を呼ぶ餌場・水場の仕掛けのことだそうだ)

10112700531011270049

ライトハウスの店内に展示されていた、バードフィーダー。
これに野鳥が寄ってくる光景を想像する。かわいらしいものだ。
この他、ペットボトルを利用したものもあった。

10112700501011270051


武蔵国分寺公園の紅葉。
人が少なく、広々として気持ちのいい芝生がひろがっている。
雑木林の中の遊歩道も静かでいい。

10112700071011270009

1011270013

10112700601011270008

1011270011

10112700211011270014

1011270019 1011270057   

|

« 【読】勉強になるなあ | トップページ | 【遊】深大寺そば感謝祭 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 秋」カテゴリの記事

国分寺界隈」カテゴリの記事

国分寺 light house」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】武蔵国分寺公園とライトハウスのうどん:

« 【読】勉強になるなあ | トップページ | 【遊】深大寺そば感謝祭 »