« 【震】「計画停電」初日 | トップページ | 【震】はじめての停電 »

2011年3月15日 (火)

【震】「計画停電」二日目

被災地の方々の苦労を思えば、私の体験など何ほどのものでもないのだが、記録として書き残しておこう。

今日も、私の地域(第3グループ)の停電はなかった。
明日は、はじめて、夜18時20分から22時の予定にはいっているので、家人が不安がっている。
停電予定時間より早めに帰ってこようかと思う。

今朝、いつもよりひとつ早いバスで駅に向かった。
国分寺駅は、きのうの混雑ぶりが嘘のように、いつもの状態に戻っていたが、電車の本数は少なかった。
混雑ぐあいは、平常とさほど変わらない。
御茶ノ水で乗り換え。
総武線の電車がなかなか来なかった。

職場には、いつもと同じ時刻に到着。
きのうは出勤率がかなり低かったようだが、今日は、遅れてくる人がいたものの、ほぼ全員出勤できたようだ。

昼休みに、錦糸町駅ビルのヨドバシカメラに行った。
単四の乾電池(携帯ラジオ用予備)を買うことができた。
単一、単二は売り切れ。
単三がかろうじて残っていた。
用途が限られている単四は、少しだけ残っていた。
懐中電灯やカセットコンロ類は売り切れ、との貼り紙があった。

駅ビルの書店をのぞいてみたら、店内の照明がずいぶんと消されていて、薄暗い感じがした。
考えてみれば、ひと昔前の商店やデパートは、今ほど明るくなかった。
コンビニもそうだ。
防犯目的もあるとは思うが、あそこまで明るくしなくてもと、かねがね思っていた。
そのコンビニも、看板の照明を消したりして、節電に協力しているようだ。
なんとなく、街全体が暗くなったような気がするが、かえって気分が落ち着く。

夕方、定時に職場を出た。
錦糸町からの総武線も混んでいたが、御茶ノ水で乗り換えた中央線は、まるで朝のラッシュアワーのような混雑ぶりだった。
いつもなら、帰宅時刻時は人によってばらつきがあり、電車に乗る人が分散されるのでさほど混まないのだが……。
ひさしぶりに、ぎゅうぎゅう詰めの電車に乗り、冬のコートのためか、汗までかいてしまった。
これから先、しばらくこんな状態が続くのかと思うと、うんざりする。

国分寺駅ビルで買物をしようと思っていたのに、いつも寄るパン屋は早々とシャッターをおろしていた。
地下のパン屋も売り切れ。
食料品売り場で、惣菜を買った。
駅ビルも、今日は19時で閉店するという。
閉店時刻ぎりぎりだったのだ。

団地のバス停近くにある24時間営業のスーパーは営業していたが、ここも店頭の照明を消して薄暗くなっていた。
外からのぞいてみると、入口の果物の陳列棚がからっぽだった。
昼間、ここで買物をしたという家人の話によると、野菜類もなくなってきているという。

そろそろ、物流に影響が出始めているような気がして、心配だ。

「計画停電」といっても、電力の需給バランスが崩れなければ、停電する必要はないらしい。
余った電気をためておくことは難しいのだという。
それでも、停電にして需要が減った分、発電量を少なくすれば節約になるのではないかと思うのは、素人考えなのだろうか。
よくわからない。

これまで、電気を湯水のように使って、街中を照明でぎんぎらぎんにしてきた、そんな生活のツケがまわってきているのだろう。
いかに原発に頼ってきたか、ということも、今回の事故でよくわかった。

水も、電気も、ガスも、これまであたりまえのように使っていたものが、実はきわどいバランスの上に立っていたんだなあ、と痛感している。

|

« 【震】「計画停電」初日 | トップページ | 【震】はじめての停電 »

【震】震災日誌」カテゴリの記事

コメント

東京の緊張感は、かろうじて私も地震に出会ったのでわかります。その後、予想通り物が不足し始めていますね。我々がいかに電気や物を無駄に消費してきたか反省させられます。
16日、今晩が計画停電実施ですね。奥さんの不安が少なく、やまおじさんも無事出勤、帰宅できるように祈っています。
旭川周辺は、灯油、ガソリンが値上がりしていますが、今のところ、平穏です。

投稿: 玄柊 | 2011年3月16日 (水) 08時28分

>玄柊さん
今日は午後、帰宅します。
昨夜も先ほども揺れました。

投稿: やまおじさん@携帯 | 2011年3月16日 (水) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【震】「計画停電」二日目:

« 【震】「計画停電」初日 | トップページ | 【震】はじめての停電 »