« 【楽】さとちゃんのライブ | トップページ | 【遊】「地球交響曲第三番(故星野道夫に捧ぐ)」を観る »

2011年5月31日 (火)

【読】【震】市民科学者 高木仁三郎氏の〝遺言〟

今朝の東京新聞記事。

東京新聞 2011/5/31(火) 朝刊 28面 「ニュースの追跡」
 故高木仁三郎氏の著作 脚光
  脱原発 先駆者の遺言

― 東京新聞記事より ―

<脱原発運動の理論的指導者として知られた市民科学者の故・高木仁三郎氏。その遺志は多くの人に引き継がれたが、福島第一原発の大事故は起きてしまった。せめて私たちは福島から何かを学ばねば。いま一度、「原子力神話」に警鐘を鳴らし続けた先駆者の〝遺言〟に耳を傾けたい。>

<高木氏は2000年19月、62歳の若さで亡くなるが、「原子力神話からの解放」(講談社)はその直前の8月、「原発事故はなぜくりかえすのか」(岩波書店)は死後の同年12月に発行された。/執筆の動機は1999年9月に発生した茨城県東海村臨界事故。高木氏は98年7月に大腸がんの手術を受けた後、闘病生活を送っていたが、JCO東海事業所の従業員二人が死亡、六百人以上が被ばくした大惨事を前に「どうしても書かなくてはいけない」との思いにとらわれた。まさに〝遺言〟だった。>
20110531_tokyo_shinbun

高木仁三郎 たかぎ・じんざぶろう
 1938年生まれ。前橋市出身。東大理学部で核化学を専攻し、卒業後は原子力関係の企業に勤務。東大原子核研究助手を経て、東京都立大助教授に就任するが、73年、大学の研究に疑問を感じて退職。原子力資料情報室の設立に参加し、87年から98年まで代表。97年、もう一つのノーベル賞とされる「ライト・ライブリフッド賞」を受けた。 ―東京新聞記事より―

原子力資料情報室(CNIC)
 http://www.cnic.jp/

ライト・ライブリフッド賞 ―Wikipedia―
ライト・ライブリフッド賞(ライト・ライブリフッドしょう)は、1980年にスウェーデンの国会議員ヤコブ・フォン・ユクスキュル (Jakob von Uexkull) により創設された賞。「現在のもっとも切羽詰まっている問題に対し実際的模範的な回答を示した者」を表彰する。
第二のノーベル賞と称されることもある名誉ある国際的な賞である。主に環境保護、人権問題、持続可能な開発、健康、平和などの分野にて活躍した人物、団体に保護されることが多い。
受賞は毎年12月第1週にストックホルムにあるスウェーデン議事堂にて行われ、4人の受賞者が表彰される。4人のうち、1人が、金銭的サポートは必要ない名誉賞を受け取る。残りの3人は、合計約2万スウェーデン・クローナの賞金を受け取ることになる。この賞金は、個人的な使用へのものではなく、今後とも活動を続けていくために授与されるものである。
ノーベル賞とは以下の点で異なる。
選考課程が公開されていないため公には候補者が存在しないノーベル賞と異なり、ノミネートの過程が公開されており、誰でも、「候補者」を推薦することができる。
ライト・ライブリフッド賞にはカテゴリはない。
賞金はノーベル賞の5%に過ぎない。
アルフレッド・ノーベルの遺産から贈られるものではなく、またノーベル賞委員会とも関係がない。
ユクスキュルは、ライト・ライブリフッド賞を創設する前に、ノーベル財団に、ノーベル賞と同時に授与する新しい賞を作ろうと働きかけた。だが、1969年にはじまったアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」後に巻き起こった議論の後、ノーベル財団は、いかなる賞とも関係しないと決定していた。そこで、ユクスキュルの提案は却下され、ヤーコプは独自にライト・ライブリフッド賞を創設するに至った。
日本では 高木仁三郎(1997)と生活クラブ生協連合会(1989)が受賞している。


この記事で紹介されている高木仁三郎氏の著作。
この二冊が話題になっているという。
どちらも、現在入手可能。
(岩波新書の方は、私も今日、近くの書店で入手)
読んでみようと思う。

『原発事故はなせくりかえすのか』 岩波新書
『原子力神話からの解放 ―日本を滅ぼす九つの呪縛』 講談社プラスアルファ文庫

 

|

« 【楽】さとちゃんのライブ | トップページ | 【遊】「地球交響曲第三番(故星野道夫に捧ぐ)」を観る »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

【震】震災日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/51817449

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】【震】市民科学者 高木仁三郎氏の〝遺言〟:

« 【楽】さとちゃんのライブ | トップページ | 【遊】「地球交響曲第三番(故星野道夫に捧ぐ)」を観る »