« 【楽】この一曲で聴くアルバム(我如古より子) | トップページ | 【震】巨大地震にどう備えるか »

2011年6月26日 (日)

【遊】府中郷土の森(あじさいめぐり)

ひさしぶりに、家人とふたり、車で府中郷土の森へ。
あじさいを見に行った。

府中市郷土の森博物館[府中文化Net]
 http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

2011_huchu_ajisai_pamph_22011_huchu_ajisai_map

暑くなく、小雨がちの曇り空。
あじさいを見るには、ちょうどいい天候だったかも。

郷土の森博物館で、興味ぶかい展示があったので、別料金だったがのぞいてみた。
展示内容をうまくまとめたブックレットも販売していたので、ありがたかった。

特別展 「アウトローたちの江戸時代」
 府中郷土の森博物館 2011/4/29~6/26

この特別展のことを知らずに行ったのだが、今日がちょうど最終日だった。
運がよかった。

(左) パンフレット
(右) 解説のブックレット

2011_huchu_museum_pamphHuchu_museum_outlaw




さすがに、あじさいの群落はみごとだった。
株によっては、散り始めているものもあったが、まだまだ見ごろだろう。

201106260001201106260002

201106260006

201106260022201106260030

201106260029

201106260014201106260049

古民家などの復元建物があるのも、うれしい。
入園料200円は安いと思う。

201106260004201106260079_2

201106260072_2201106260078

いつも入る蕎麦屋で昼食。
ここも、古い建物「旧田中家住宅」を店舗として使っている。
蔵のある立派な商家(大店=おおだな)だ。

昼時でこんでいたが、20分ほど待って、せいろそばと天ぷらせいろをいただく。
おいしかったな。

201106260083

201106260091201106260084

201106260090201106260089

郷土の森博物館は、なかなかいい。
ミュージアム・ショップも充実していて、府中関係の書籍がたくさんある。
宮本常一さん関連の本や、民俗資料など。

201106260093201106260094

201106260092    

|

« 【楽】この一曲で聴くアルバム(我如古より子) | トップページ | 【震】巨大地震にどう備えるか »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 夏」カテゴリの記事

府中 郷土の森」カテゴリの記事

コメント

 よかった。やまおじさんがまさかファシスト好きなわけないものね。
 火曜日、紫陽花吟行会で鎌倉に行く予定です。デジカメさえろくに扱えないのに、写真短歌俳句の会に参加しているのです。雨を期待しているのですが。晴天の紫陽花、なんかしょぼくれているみたいで。デジカメも実はろくに扱えないのです。やまおじさんの写真はいつも楽しみにしています。
 そのサークル関係の女性ですが、60歳を過ぎて80歳くらいまで日本100名山をすべて登ったそうです。今、83歳くらい。わたしよりよほど足腰しっかりしています。驚くばかりです。オバサンくさくないんです。お子さん(50代らしい)もいらっしゃるのに糠味噌くさくないというか。お手本にしようとしていますが、なかなか真似できない。猫背から直そう。

投稿: ろくろくび | 2011年6月26日 (日) 21時09分

>ろくろくび さん
「60歳を過ぎて80歳くらいまで日本100名山をすべて登ったそうです」というご婦人、驚異的です。
私は深田百名山踏破を目指すことはしませんが、利尻山から屋久島まで、日本全国の百山のピークを踏むことは並大抵ではありません。
(百名山ツアーというのもあるようですが)
気力、体力、それに時間とお金がないとできません。
私の母親とほぼ同じ年齢のその女性、すごいですね。
素直に敬服します。

投稿: やまおじさん | 2011年6月27日 (月) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】府中郷土の森(あじさいめぐり):

« 【楽】この一曲で聴くアルバム(我如古より子) | トップページ | 【震】巨大地震にどう備えるか »