« 【雑】猛暑の一日 | トップページ | 【雑】うれしかったこと »

2011年7月13日 (水)

【歩】夏の花

近くのスーパーへ買い物に行くついでに、デジカメを持って、団地の中を歩いてみた。
夏の花が咲いている。

撮影 2011/7/13(水) 東京都小平市(小平団地)

ムクゲ  Hibiscus syriacus アオイ科/フヨウ属 Hibiscus
<木槿>中国原産の落葉低木。庭木や生け垣として古くから植えられ、多くの園芸品種がある。韓国では無窮花(ムグンファ)と呼び、国花になっている。ムクゲの名は韓国名に由来するといわれる。よく分枝して高さ2~4メートルになる。葉は長さ5~10センチの卵形で、浅く3つに切れ込むことが多い。花期は7~10月。花の色は紅紫色、赤、紫、白などがあり、半八重や八重咲きの品種もある。花は1日でしぼむ。 (山と渓谷社 「山渓ポケット図鑑2・夏の花」)

201107130006

そろそろ咲きはじめている。
国分寺公園あたりの道路脇には、白いムクゲがたくさん咲いていた。

毎年、この花を見ると、「鳥の歌」という歌を思いうかべる。
郷ちゃん(西川郷子さん)の、のびやかな歌声。
韓国の国の花とされている、ムグンファだ。

 ♪ いついつの日も 好きだと言ってた
   ムグンファ飾ろう 風にさざめくように ♪
 ♪ いついつの日か あなたの生まれた
   ムグンファゆれてる 丘へ帰ろうきっと ♪
 (作詞・作曲:紅龍 「鳥の歌」)

この話は、これまで何度も書いていて申しわけないが。
最新アルバム「風の祭り」に、新録音で収録されている。


クチナシ
  Gardenia jasminoides アカネ科/クチナシ属 Gardenia
<梔子>山地に自生するが、庭木としてもよく植えられている常緑低木。果実は染料にしたり、きんとんなどの食品の着色料にする。高さは2~3メートル。葉は対生し、長さ5~15センチの長楕円形で光沢がある。6~7月、芳香のある白色の花を開く。花は直径6~8センチ。果実は6稜のある長楕円形で橙色に熟す。八重咲きのヤエクチナシ、大輪八重咲きのオオヤエクチナシなどの園芸品種がある。 (山と渓谷社 「山渓ポケット図鑑2・夏の花」)

201107130001

山崎ハコさんが歌う、その名も 「くちなし」 という歌がある。
1984年発売のLP 「てっせんの花」 に収録されている、せつない歌だ。

 ♪ 白いくちなしの 花びら 茶色になって
   少し話をする 牛乳びんの中から ♪
 ♪ はよう捨てて うちを捨てて
   いつまでも 見ていないで ♪
 (作詞・作曲:山崎ハコ 「くちなし」)

このアルバムはCD化されていなかったと思う。
Amazonでもみつからなかった。
私のウェブサイトに紹介しているので、そちらを。

 晴れときどき曇りのち温泉 > 資料蔵(山崎ハコ・ディスコグラフィー)
  > てっせんの花
 http://yamaoji-hp.web.infoseek.co.jp/k_hako_disc.html#tessen


カンゾウの仲間、園芸種のユリ、キョウチクトウ(右下)

201107130007201107130008

201107130009201107130012

201107130014_2201107130010

樹木の花も、地味だが咲いている。
左はアオギリ、右は不明。

201107130015201107130003 

|

« 【雑】猛暑の一日 | トップページ | 【雑】うれしかったこと »

上々颱風」カテゴリの記事

山崎ハコ」カテゴリの記事

四季 夏」カテゴリの記事

鳥の歌」カテゴリの記事

西川郷子」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

 無窮花ですね。故郷の秋田では「からおい」とよんでいました。子どものころ、その語感に何か特別惹かれるものがありました。あとから勝手に「唐葵」だったのかなと思いました。よその国の花ってなんだろう、と。
 在日韓国人の李じょんみが(違っているかも)歌っていた。「無窮花の歌」。(これも違っているかも)なにせ、1985年あたりの記憶。「指紋押捺拒否」の運動が「燎原の炎」のように広がっていたころのお話よ。
 上々颱風の甲高い声じゃなく、哀切と暖かい調べの歌でした。むぐんふぁ、いい響き。 上々颱風もエネルギュシュな音楽だから、元気がない時にはいい刺激になるかも。そうでなくっちゃね。
 咲く花よ、酷暑に向かって立ち咲け。

投稿: ろくろくび | 2011年7月13日 (水) 23時57分

>ろくろくび さん
唐葵(からあおい)は、タチアオイ(アオイ科タチアオイ属)の別名のようですね。
ムクゲ(無窮花、木槿花)もアオイ科(フヨウ属)ですので、仲間です。
タチアオイは私の住棟の目の前にあります。花の盛りは過ぎました。

李じょんみ=李政美のようです。私の知らない人でしたが。
<李 政美(イ・ジョンミ)は、日本で活動する東京都葛飾区生まれの在日韓国人2世の歌手である。
国立音楽大学声楽科にてクラシック声楽の研鑽を積んでいたが、朝鮮民謡、フォークソング等にひかれ、ポピュラー音楽の歌手に転向した。1983年に朝鮮の民謡、歌曲、歌謡曲等を演奏した、自主制作カセットテープ「鳥よ鳥よ」を発表し、1986年には金敏基(キム・ミンギ)の歌を演奏したカセットテープを新幹社より発表した(「キム・ミンギを歌う」)。> ―Wikipedia―
私は、新井英一という「在日二世」の「清河(チョンハー)への道~48番」というアルバムに心を揺さぶられた経験があります。
http://youtu.be/n3vcGEe1viA

私のWEBサイトでも紹介していますので、よろしければ。
http://yamaoji-hp.web.infoseek.co.jp/kura.html#arai

投稿: やまおじさん | 2011年7月14日 (木) 08時22分

 ありがとう。やはり、李政美だったんだ。その新幹社の経営者(全くの赤字経営)は何を思ったか、突如、四谷の激戦区に韓国家庭料理屋を開いた。店の名前がすぐ、ぱっと出てこないことに不安を感じる。またもや赤字経営か、という噂を裏切り結構流行っています。
 花の違い、これから気を付けてじっくり観察します。

投稿: ろくろくび | 2011年7月14日 (木) 09時49分

>ろくろくび さん
この店かもしれませんね。
四谷「新古房」
http://ameblo.jp/malmadang/entry-10636967988.html
食べログ「韓国家庭料理 新古房」
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13075589/
グーグル検索でみつけました。

花の名前は、私もここ数年、少しだけわかるようになりました。
以前は、モクレンとコブシのちがいもわからなかったんです。

投稿: やまおじさん | 2011年7月14日 (木) 10時50分

そうでした。思い出しました。新古房です。2回ほど行きました。おいしいですよ。夜はたばこも吸える。

投稿: ろくろくび | 2011年7月16日 (土) 21時20分

>ろくろくび さん
新古房(しんこばん)と読むのですね。
http://maps.google.co.jp/maps/place?hl=ja&biw=1003&bih=582&um=1&ie=UTF-8&q=%E5%9B%9B%E3%83%84%E8%B0%B7+%E6%96%B0%E5%8F%A4%E6%88%BF&fb=1&gl=jp&hq=%E6%96%B0%E5%8F%A4%E6%88%BF&hnear=0x60188c8a228fd68d:0xacec2452690c47f9,%E5%9B%9B%E3%83%84%E8%B0%B7%E9%A7%85%EF%BC%88%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%89&cid=15250333562532989523

そうえいば、韓国料理店にはしばらく行っていません。

投稿: やまおじさん | 2011年7月17日 (日) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】夏の花:

« 【雑】猛暑の一日 | トップページ | 【雑】うれしかったこと »