« 【雑】週末のイベント | トップページ | 【楽】国立「地球屋」ライブ »

2011年8月 4日 (木)

【震】映画「祝の島」

映画 「祝の島」 (ほうりのしま)
 纐纈あや (はなぶさ・あや) 監督作品 2010年

『脱原発社会を創る30人の提言』(コモンズ)という本に、監督の纐纈あやさんの文章が掲載されているのを読み、知った映画。

<祝島(いわいしま)は、瀬戸内海有数の漁場とされる周防灘と、伊予灘の境界に位置する山口県熊毛郡上関町の島である。瀬戸内海の海上交通の要衝に位置し、万葉集にも登場、古代から栄えた歴史を持つが、高度経済成長期から人口が流出。現在は漁業と有機農業で生計を立てる過疎地域。対岸・上関町四代田ノ浦に建設が予定されている上関原子力発電所(上関原発)に反対する島民がいる。> ― Wikipedia ―

映画 『祝の島』 公式サイト
 http://www.hourinoshima.com/


『脱原発社会を創る30人の提言』  2011年7月 コモンズ 刊

「いのちのつながりに連なる」 纐纈あや (上掲書 P.267- より)

 纐纈(はなぶさ)あや
  1974年、東京都生まれ。自由学園卒業後、2001年ポレポレタイムス社に入社し、
  映画 『アレクセイと泉』 の製作・配給・宣伝に携わる。
  映画 『ナミイと唄えば』(2006年)のプロデュースを経て、フリーに。
  『祝の島』(2010年)は監督としての最初の作品。
   ― 上掲書 執筆者紹介 より ―

<私は地震があったまさに3月11日の午後から、自作のドキュメンタリー映画 『祝の島』 (2010年)の上映会で山梨県の数カ所回る予定にしていた。上映が行えるかどうか定かではなかったが、とにかく大混乱する都心から車で現地に向かった。道はまるで民族大移動のように一斉に郊外へと歩く人びとであふれ、ガソリンスタンドには長蛇の列が続き、ところどころに現れる自転車屋には人が殺到していた。その光景は、以前ニュースで見た9・11直後のニューヨークの光景を思い起こさせた。……>

<山口県上関町祝島。瀬戸内海に浮かぶこの小さな島と出会ったのは、今から8年前のことだ。当時、写真家で映画監督の本橋成一の下で仕事をしていた私は、彼の2作目となる映画 『アレクセイと泉』 の上映会をするために島を訪問することになったのだ。>

<1982年、祝島の対岸4km先に上関原発建設計画が持ち上がった。上関町では原発推進派が優勢のなか、祝島では住民の9割が反対を表明。「海はわたしたらのいのち。金で海は売れん」と約11億円の漁業補償金の受け取りを拒否し、長きにわたる反対運動を続けていた。「原発反対の島」と聞き、勝手にも戦闘的で悲壮感漂う人びとの姿を想像し、ひどく緊張していた私を出迎えてくれたのは、意外にもとびっきり明るくて元気いっぱいのおじいちゃんやおばあちゃんたちだった。私はその姿に一気に引き込まれた。東京生まれの私が、なぜか故郷に帰ってきたような懐かしい感覚をおぼえた。……>

<福島第一原子力発電所が大事故を起こした今、あらためて思う。放射能の怖さは、時間に対する想像力と目には見えないものに対する想像力がなければ、感じ取ることができないということを。>

<現代社会は、一分一秒をどう短縮するか、いかに目に見えるもので豊かさを計るかを追求してきた。その現代人がもっとも苦手とする百年、千年、万年単位の時間に思いを馳せ、目には見えないものに対する想像力をもってしなければ、原子力、核の恐ろしさは感知できないのではないだろうか。>


YouTube 映画「祝(ほうり)の島」監督挨拶

<2010年9月12日に神戸新開地・アートビレッジセンターで行われた映画上映の際に行われた、上映前と上映後の監督の纐纈(はなぶさ) あや さんからの挨拶です。舞台となった祝島や上関原発の現状、そして映画をつくった監督の思いが語られていました。>

|

« 【雑】週末のイベント | トップページ | 【楽】国立「地球屋」ライブ »

【震】震災日誌」カテゴリの記事

コメント

祝島はほうりのしま。映画は観ていなかった。東京でみることはできるのでしょうか。いづれ、訪れてみたい。今回の断念はしかたなし。
 海で暮らし理屈じゃなく怪しげなもの、金がらみの嫌なものを拒否するその感性がわたしを引き付けます。映画紹介ありがとう。やまおじさんの感性にも感謝し、手作り紫蘇ジュースに少しばかりの焼酎入れて乾杯。

投稿: ろくろくび | 2011年8月 4日 (木) 22時15分

「アレクセイの泉」を是非見たいと思っていました、この映画に纐纈さんが関わっていたこと、初めて知りました。「祝の島」も機会があれば是非見ます。紹介をありがとう。

投稿: 玄柊 | 2011年8月 5日 (金) 06時55分

>ろくろくび さん
上映スケジュールは、「祝の島」公式サイトに掲載されています。
http://www.hourinoshima.com/

たまたま、日曜日(8/7)に武蔵野市で上映されることを知り、私は見に行くことにしています。

投稿: やまおじさん | 2011年8月 5日 (金) 07時45分

>玄柊さん
「アレクセイと泉」の公式サイトに上映スケジュールが掲載されています。私も見てみたいと思っています。

公式サイト
http://movies.polepoletimes.jp/alexei/

上映スケジュール
http://movies.polepoletimes.jp/theater/alexei/

投稿: やまおじさん | 2011年8月 5日 (金) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【震】映画「祝の島」:

« 【雑】週末のイベント | トップページ | 【楽】国立「地球屋」ライブ »