« 【読】「昭和二十年夏、子供たちが見た日本」 | トップページ | 【楽】真夏の午後に聴く音楽 »

2011年8月 9日 (火)

【震】村上春樹さんのスピーチ

村上春樹さんが、6月9日にスペインのカタルーニャ賞の授賞式でスピーチしたことは、新聞報道などで知っていたが、今朝の東京新聞にその全文が掲載されていた。
スピーチの題名は 「非現実的な夢想家として」 というものだが、なぜそうしたのかも、これを読んでわかった。

<原発に疑問を呈する人々には、「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られていきます。>
という、これまでの日本の現状。

それでも、
<日本で、このカタルーニャで、あたな方や私たちが等しく「非現実的な夢想家」になることができたら、そのような国境や文化を超えて開かれた「精神のコミュニティー」を形作ることができたら、どんなに素敵だろうと思います。それこそがこの近年、様々な深刻な災害や、悲惨きわまりないテロルを通過してきた我々の、再生への出発点になるのではないかと、僕は考えます。我々は夢を見ることを恐れてはなりません。……>

2011/8/9(火) 東京新聞 朝刊 11面 (特集) 

20110809_tokyo_shibun_haruki

ネットで調べてみると、YouTubuでスピーチの映像が視聴できるのだった。
知らなかったなぁ。
ハルキさんって、こういうスピーチをしたのかぁ。

村上春樹スペインのカタルーニャ国際賞受賞式演説01~04
 http://youtu.be/Fuk4ww_rKl0
 http://youtu.be/kb_YK7KM3DI
 http://youtu.be/PBrfo4AWxds
 http://youtu.be/EZyCxQqNjmI

|

« 【読】「昭和二十年夏、子供たちが見た日本」 | トップページ | 【楽】真夏の午後に聴く音楽 »

村上春樹」カテゴリの記事

【震】震災日誌」カテゴリの記事

コメント

村上春樹関連なので、出てきました。
このカタルニアでのスピーチは、6月にネットで検索して全文をプリントアウトしました。

イスラエルでのスピーチも、決闘の覚悟?で行なったようです。

投稿: モネ | 2011年8月 9日 (火) 23時17分

>モネさん
ハルキ・ファンには、すでに知られていた内容かと思います。
作家と呼ばれる人たちの発言には、勇気づけられます。

投稿: やまおじさん | 2011年8月10日 (水) 09時58分

私の知人で、高円寺に食べもの屋を開店した人(ジミー矢島さん)のブログ。
ハルキさんと懇意にしているそうです。
須藤もんさんがらみの知り合いですが、ハルキさんとの関係は知らなかったなぁ。
http://karamatutei.blog49.fc2.com/blog-entry-466.html
…よくよく読むと、一字違いのハルキさんでしたが。
村瀬春樹さんという。

投稿: やまおじさん | 2011年8月10日 (水) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【震】村上春樹さんのスピーチ:

« 【読】「昭和二十年夏、子供たちが見た日本」 | トップページ | 【楽】真夏の午後に聴く音楽 »