« 【読】【震】まったく泣けてくる――被災地自治体首長の声 | トップページ | 【遊】勝沼「大雅園」再訪 »

2011年9月15日 (木)

【歩】残暑

残暑がきびしい。
それでも、毎年、この花が咲き誇る頃、秋が近いと感じるのはなぜだろう。
不思議な形の花だ。

ハナトラノオ Physostegia virginiana シソ科カクトラノオ属
 <花虎の尾>北アメリカ東部原産の多年草。属名からフィソステギアとも呼ばれる。一度植えると2年目には群生するほどになる。高さは40~120センチ。細長い葉を対生するが、一節ごとに90度ずつずれるので、整然と十字形についているように見える。茎の先に長さ10~30センチの花穂がでて、淡紫紅色の唇形花が下から順に咲き上がる。ちょうど8月の月遅れのお盆の頃が最盛期で、盆花としても使われる。白花もある。
 花穂が太く、茎が四角形なのでカクトラノオとも呼ぶ。
― 山と渓谷社 「山渓ポケット図鑑2 夏の花」 ―

撮影 2011/9/15 東京都小平市

201109150002

|

« 【読】【震】まったく泣けてくる――被災地自治体首長の声 | トップページ | 【遊】勝沼「大雅園」再訪 »

四季 夏」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】残暑:

« 【読】【震】まったく泣けてくる――被災地自治体首長の声 | トップページ | 【遊】勝沼「大雅園」再訪 »