« 【雑】今日はこれまで(本の整理) | トップページ | 【読】「本の整理」後日談 »

2011年10月22日 (土)

【読】勢古浩爾著 「アマチュア論。」

まだ読みはじめたばかりだけれど。

勢古浩爾 著 『アマチュア論。』
 ミシマ社 2007年
 238ページ 1600円(税別)

内容(「BOOK」データベースより)
「ふつうの人」に必要なのは、「武士道」でもない、「プロ意識」でもない、「アマチュア精神」なのだ。素晴らしきプロフェッショナルは、人間として見事なアマチュアである。より良きアマチュアは一流のプロを凌駕する。

勢古さんの著作はほとんど読んでいるが(ファンなので)、この本は、なぜかまだ読んでいなかった。
勢古さんお得意の、人生論というか人間論である。
いつもの勢古節がやや低調の感があるが、読み進めよう。

第5章 「こんなアマチュアになりたい」 に、登山家の山野井泰史さんがとりあげられている。(「不屈のクライマー・山野井泰史」)
うれしいね。

タイトル 「アマチュア論。」 のマルは何だろう。
「モーニング娘。」 のようなものか。謎。

|

« 【雑】今日はこれまで(本の整理) | トップページ | 【読】「本の整理」後日談 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

勢古浩爾」カテゴリの記事

山野井泰史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/53057828

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】勢古浩爾著 「アマチュア論。」:

« 【雑】今日はこれまで(本の整理) | トップページ | 【読】「本の整理」後日談 »