« 【読】鯨と原子炉 | トップページ | 【読】本をへらす »

2012年1月24日 (火)

【雑】雪ふりつむ

昨夜から降り続いた雪。
今朝には数センチ積もっていた。
朝早く、まだ暗いうちから、近所の人が雪かきをしている音が聞こえた。
寝床から起きて、さて、私も外でいっしょにやろうかと思った頃には、あらかた終わっていた。

東京でどか雪が降ったのは、ひさしぶりだ。
住居棟の前の駐車場に置いてある車も、すっぽり雪の帽子をかぶっていた。
路面を除雪してくれたおかげで、歩きやすくはなったが、日蔭なので凍結して、すべりやすい。
昼間、買物に出たときには、恐る恐る歩いたものだ。

団地の芝生の雪は、何日かは融けないだろう。
今日は、写真を撮らなかった。

最初に「雪降り積もる」というタイトルを思いつき、もう少し気のきいた言い方はないだろうかと考えているうちに、ふと思いだした。
三好達治の詩の一節。
詩歌には詳しくないが、この有名なフレーズがすぐに思い浮かんだ。

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
 次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。 (三好達治 「雪」)

歌になりそうな、リズム感のあるこのフレーズが好きだ。


ネット検索していたら、面白いブログにぶつかった。
全部は読んでいないが、私自身のブックマークがわりに記しておく。

ブログ俳諧鑑賞: 三好達治の「雪」(その一~その十)
 http://yahantei.blogspot.com/2011/06/blog-post.html

|

« 【読】鯨と原子炉 | トップページ | 【読】本をへらす »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

四季 冬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/53815496

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑】雪ふりつむ:

« 【読】鯨と原子炉 | トップページ | 【読】本をへらす »