« 【山】雪化粧の山 | トップページ | 【雑】本の収納 »

2012年3月13日 (火)

【山】朝の山 山座同定

今朝もよく晴れて、遠くの山並がくっきり見えた。
風が冷たかったが、最上階まで階段を登り、あらためて写真におさめてきた。
レンズの汚れに気づかず、写真の一部に汚れが写りこんでしまった。

あらためてゆっくり眺めてみると、かつて私が立川に住んでいた頃に、よく見ていた山々だった。
ひさしぶりに眺める光景だ。
どこにどんな山が見えるかも、少しずつ思いだしてきた。


撮影 2012年3月13日(火) 午前9時半頃
 東京都東大和市から 西~北西方向

左手奥、白く雪をかぶっているのは、大菩薩連嶺か。
手前の白いビルの上あたりに見えるのが、大岳山(奥多摩)だろう。
なだらかな稜線を右にたどり、ちょっと三角形が飛び出ているのが、御岳山(奥多摩)。

201203130001

上の写真の右側方向(北西寄り)が、下の写真。
中央あたり(赤い看板の左上)が、奥多摩の鷹ノ巣山から雲取山に続く稜線だろう。
汚れている部分がわからない。

201203130002_2

下の写真は、さらに北寄り(北西方向)。
昨日わからなかった、ヤマダ電機の看板の左上に見えるピラミッド形は、秩父の武甲山だ。
そうすると、その左は大持山、小持山か。

昨日の朝は、きっと雪が降った直後だったのだろう。真っ白だった。
そのせいで、うんと遠くの高い山かと思ってしまった。
よく考えてみれば、東京のこのあたりから、南アルプスや八ヶ岳が見えるはずがないし、方角もちがっていた。

写真の左半分は、現時点ではよくわからないが、雲取山から北に続く山々だろう。

201203130003


天気が良く、空気が澄んでいれば、この光景はこれから先、何度でも見られる。
ゆっくり、山座同定する楽しみができた。

立川に住んでいた頃、ちょうど山登りを盛んに続けていた時期だが、山座同定にはまっていた。
その頃の、私の教科書的な本。
さきほど、引っ越し荷物を解いて本棚におさめていたら、いいたタイミングで出てきた。

横山厚夫 著 『東京から見える山 見えた山』
 丸ノ内出版 1971年発行

Yokoyama_tokyo_yama   

|

« 【山】雪化粧の山 | トップページ | 【雑】本の収納 »

【山】山日誌」カテゴリの記事

四季 冬」カテゴリの記事

東大和界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【山】朝の山 山座同定:

« 【山】雪化粧の山 | トップページ | 【雑】本の収納 »