« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の36件の記事

2012年4月30日 (月)

【遊】デ・ラランデ邸復元工事現場

自転車に乗って、江戸東京たてもの園に行ってきた。
西ゾーンで工事中の、「デ・ラランデ邸(旧三島邸)」復元工事現場。
行くたびに工事が進んでいて、楽しみだ。


撮影 2012/4/30 江戸東京たてもの園

201204300078

201204300077

201204300079

江戸東京たてもの園のサイトに、工事の進捗を写真入りで紹介しているページがある。
とても興味ぶかい。
復元といっても、現在の建築基準に従って、しっかり建てていることがよくわかる。

 復元建造物 ただいま建築中│江戸東京たてもの園
  http://www.tatemonoen.jp/fukugen/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【遊】多摩湖自転車道サイクリング

曇り空ながらも暖かな一日。
昼過ぎ、自転車に乗って多摩自転車道を走り、小金井公園まで行ってみた。
片道10キロ弱のサイクリング。

出発点は、自宅から800メートルほど北、空堀川と西武多摩湖線が交わるところ。
多摩湖自転車道は、西武線の線路沿いに続いている。

新青梅街道にかかる美住陸橋の下をくぐる。
自転車と歩行者しか通れない道路なので、安心して走れる。

201204300011

201204300012201204300014

沿道は、ハナミズキ、ヤエヤマブキ、シャガなどが満開。

201204300015201204300016

201204300031

西武多摩湖線の八坂駅、萩山駅を過ぎ、西武拝島線の踏切を渡る。
このあたりは、西武線の線路が入り乱れている。
多摩湖線、国分寺線、拝島線、新宿線……。
乗り替えに頭を悩ます路線だ。

201204300020201204300022

見憶えのある、小平駅(西武新宿線・拝島線)の南口にでた(上右の写真)。
ここは車でよく来る場所だが、自転車道から見ると、印象がだいぶんちがう。
やがて、新小金井街道と交わる地点にでる。
(自転車道は、街道のアンダーパスの上を迂回して渡る)

最近、送電鉄塔が気になってしかたがない。
ここにも鉄塔の風景があった。

201204300024201204300028_2

小平ふるさと村。
ひさしぶりだったので、園内にはいって休憩(入園無料)。
小平糧うどん(500円)が食べられるのだが、あいにく昼ご飯を食べた後だったので、小平名産 「ブルーベリーどら焼き」 を買って食べた。

ここには、古い民家などがあって面白い。
下の写真に写っているのは、昔の郵便局の建物(旧小平小川郵便局舎)。

201204300032

この先で、青梅街道(旧青梅)を斜めに横断、花小金井駅(西武新宿線)にでる。
目指す小金井公園は近い。

201204300047201204300050_2

201204300052

馴染みぶかい 「おふろの王様花小金井店」 にでた。
いつもは車で来ている日帰り温泉だ。
裏を通るとき、温泉の臭いがした。

201204300054201204300055

この先で自転車道から右に折れ、小金井公園へ。

201204300057

小金井公園に到着。
ここにも送電鉄塔が。

201204300060201204300062

201204300066

小金井公園は人でにぎわっていた。
休日だからな。
友の会会員パスで江戸東京たてもの園にはいり、遊んできた。
ここも人が多かった。

201204300069201204300070

201204300088

201204300086201204300087

今日は、面白かったな。
こんどは、多摩湖自転車道の逆方向、多摩湖の方へ行ってみたいものだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

【遊】黄色のカキツバタ?(道保川公園)

用があって、神奈川県の相模原市まで。
義姉の家を訪ね、ひとりで近くにある道保川公園へ行ってみた。

里山の雰囲気が感じられる静かな公園。
駐車場に車をとめて、少し歩いてみた。入園無料。

 道保川公園(風致公園) | 相模原市
  http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/kouen_ryokuchi/005916.html

黄色のカキツバタが咲いていた。
アヤメ、ハナショウブ、カキツバタの区別がつかない私だが、義姉が教えてくれた。
ここの黄色いカキツバタは有名らしい。

【追記】
どうやらこれは、キショウブらしい(ネットや図鑑でいろいろ調べてみた結果)。
黄色のカキツバタは図鑑にも載っていないし、ネットでも「聞いたことがない」という意見を発見。
失礼しました。私の早合点でした。
ブログタイトルも 「黄色のカキツバタ(道保川公園)」 に変えました。


201204290011

201204290039201204290002

「せせらぎと野鳥の声」 の歌い文句のとおり、いかにも野鳥の多そうな森林が、北側の丘陵斜面に広がる。
連休とあって、園内には子ども連れやウォーキングする人たちが。
バードウォッチングで写真を撮っている人もみかけた。

201204290005

201204290012201204290027

モッコウバラが、ちょうど盛りだ。
下の写真は、ヤエヤマブキ(八重咲きの山吹)でした。【2012/4/30追記】
水辺のシャガも美しかった。

201204290010

201204290037

201204290030201204290034

201204290021

201204290035201204290044



 宝の山 アンテナショップの紹介 残したい日本の音風景100選
  http://www.takaranoyama.jp/sittoku_04-oto.html
   → 関東 → 道保川公園のせせらぎと野鳥の声

 カキツバタ ― Wikipedia ―
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%BF

 キショウブ ― Wikipedia ―
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【楽】MOTEL 国分寺giee

昨夜、バスと電車を乗り継いで、国分寺まで。
ひさしぶりに 「giee(ギー)」 でのライブを聴きに行ってきた。

国分寺 giee
 国分寺市本町2-3-9 三幸ビルB1
 JR中央線 国分寺駅北口 徒歩3分
 TEL 042-326-0770
 http://giee.jp/

出演(演奏順)
 miti  さばいばるいとう  MOTEL(須藤もん&対馬照)
 19:30開演  料金 1,500円

和気あいあい、いいライブだった。
さばいばるいとう さんの迫力に圧倒された。
(息子さんによるジャンベの伴奏にも感心した)
いとうさんのCDを購入、サインをいただいた。

201204280002201204280001

201204280003

201204280008


酒が飲めない下戸の私は、チャイとグレープフルーツ・ジュースを飲んでいた。
ここのチャイが好きだ。
ジュースも果実を搾ったフレッシュ・ジュースで、おいしかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

【読】近くの図書館

住まいのすぐ近く、距離にして300メートルほどのところに、市立図書館の地区館がある。

 東大和市立図書館公式ホームページ
  http://www.lib.higashiyamato.tokyo.jp/

201204030005

今日、あらためて館内にはいって書棚をまわってみた。
予想外に、面白そうな本が多いのだった。

文芸書も充実している。
文学全集が多いのに驚いた。
小熊秀雄全集(創樹社・全五巻)なんてのが、第二巻から第五巻まであった。
一巻目だけは、なぜか中央図書館にあるようだ。
こんな小さな図書館に、と意外な気がした。
(この全集、小平の図書館にはないはず)

漱石、鴎外などはもちろんのこと、松本清張、田辺聖子、村上春樹などの著作集も揃っている。
文学全集を読むことはあまりないのだが、読みたくなったら借りられる。
楽しみな図書館だ。

いまは、このあたり(北多摩)の歴史をすこし調べたりしている。
小平もそうだったが、なかなか興味ぶかい土地なのだ。

Tama100nen

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

【歩】ハナミズキ

午後、ふたたび自転車で外出。
東村山の富士見図書館あたりを、てきとうに走っていたら、立派なハナミズキの街路樹があった。
きれいだな。

撮影 2012/4/24(火) 東京都東村山市

201204240022

201204240025201204240026

201204240030 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歩】黄色のモクレン

昼前から自転車に乗って、近所の知人の住まいまで。
ハナミズキが満開。

団地の住棟前でモクレンの写真を撮っていたら、通りがかった人が黄色のモクレンがあることを教えてくれた。
近隣棟の前に、一本あった。

今じぶん咲いているので、ハクモクレンとは種類がちがうのかもしれない。
ネットで検索してみると、黄色いモクレンに関する記事がたくさんあった。

撮影 2012/4/24(火) 東京都東大和市

201204240012

201204240014201204240010

紫色のモクレン(トウモクレンだろうか)、いまや満開。
シャクナゲをみつけた。
セイヨウシャクナゲらしい。

201204240016 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【雑】晴れ

朝からきもちよく晴れている。
おばあさんは洗濯、おじいさんは掃除、なんちゃって。

送電鉄塔が並ぶ風景。

201204240007

富士山がよく見える。

201204240008

新緑と里桜。

201204240005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

【雑】外は雨に煙る

昼前から霧雨が降りはじめた。
肌寒い一日。
ベランダから、八重桜が見える。
あっという間にひらいた里桜だ。

撮影 2012/4/22(日) 夕方 東京都東大和市

201204220001

写真に送電鉄塔の塔脚が写りこんだ。
若葉が春を感じさせる。

灯油の切れたストーブを、物入れにしまった。
ファンヒーターは、まだ使っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

【読】だけど、くじけない

発売の知らせを受けてから、ずっと気になっていた本。
ちかくの図書館にあったので、借りてきた。

長倉洋海と東北の子どもたち
  『だけど、くじけない 子どもたちからの元気便』

 NHK出版 2012/2/25発行

長倉さんの写真がいい。
東北に住む9歳から13歳の子どもたちの言葉が添えられている。
胸をうつ。

 「フクシマ」
 わたし達はひばく地になった土地でくらしています。
 もう地しんの前の日にはもどれないけど、
 つなみやほうしゃのうの心配のない未来になってほしい。
   [優香 11歳] 南相馬

 大人の人たちは、
 「福島原発」というふうに言う。
 でも、本当は、東京の電力なのに、
 福島県が悪いっていっているようで、
 ちょっとつらいです。
  [絵莉菜 12歳] いわき


また会いたい ~撮影を終えて~ 長倉洋海  より

<2011年9月から12月まで、被災した東北三県を撮影してきました。子どもたちの「いま」、中でも、さりげない日常の中から見えてくるものを捉えたいと思ったからです。 (中略)
 せつなさや悲しみは写真に写るのだろうか。そして、自分にはそれを伝える力があるのだろうかと自問したこともあります。それでも、子どもたちの明るさの裏にあるさまざまな思い、つらさを乗り越えるたくましさ、ほかの人を思いやる優しさを写し込みたいと撮影を続けてきました。  (中略)
 撮った写真一枚一枚に目を通しながら、子どもたちの笑顔にまた会いたいと強く思っています。>



長倉洋海さんのサイト
  http://www.h-nagakura.net/
 「近況」ページに、この本についての報告(2011/11/30)がある。
   → http://www.h-nagakura.net/recently.html

【参考サイト】
 長倉洋海さんのプロフィール など
FUJIFILMのサイト 内 Fotonoma The Photographer
 http://fotonoma.jp/photographer/ 
  → 長倉 洋海 | Fotonoma The Photographer
    http://fotonoma.jp/photographer/2005_06nagakura/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】小金井公園、サトザクラ

車で、小金井公園・江戸東京たてもの園まで。
ソメイヨシノが葉桜になり、今はサトザクラの季節。

このあいだまでの混雑がうそのように、五日市街道も小金井公園もすいていた。


撮影 2012/4/21(土) 東京都小金井市

201204210002201204210008


小金井公園 「桜の園」

201204210073

201204210029201204210030

201204210064201204210061

201204210066201204210067

201204210068

201204210031201204210033

201204210070201204210069


江戸東京たてもの園

201204210079201204210096 

201204210095201204210099

201204210085


たてもの園にも、小金井公園にも、春の花がいっせいに咲いていた。
ヤマブキ、ニリンソウ、オオアラセイトウ(ハナダイコン、ムラサキハナナ、ショカッサイ、とも)、ミツバツツジ。

201204210081201204210083

201204210103201204210112_2

小金井公園の花壇
チューリップ、ルピナス。

201204210003201204210013

ヤマツツジ

201204210007    


       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

【歩】イチョウの若葉とマンホール

近くの郵便局とスーパーまで、歩いた。

イチョウの若葉が繁っていた。
もうすぐ初夏なんだな。

撮影 2012/4/20(金) 東京都東大和市

201204200002

江戸街道を東へ少し歩けば、そこは隣り町、東村山市だ。

足元に、マンホールの蓋が。
多摩湖(村山貯水池)の風景が刻印されている。
彩色されていないのが、かえってシブい。

201204200003

 東村山市
  http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/

東村山市章には、鳩がデザインされている。
 市章/東村山市
  http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/shisei/shokai/shisho.html

東大和市の市章は、これ。
 市の花、市の木、市章、市の名称 - 東大和市公式ホームページ
  http://www.city.higashiyamato.lg.jp/25,122,284,383.html

 東大和市
  http://www.city.higashiyamato.lg.jp/1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

【読】送電鉄塔探求

送電線と鉄塔が気になりはじめた。
このあたりに大きな鉄塔が多いせいだ。

すぐ近くの図書館に、こんな本があったので借りてみた。

『東京鉄塔―ALL ALONG THE ELECTRICTOWER』
 サイマルヒデキ 著
 自由国民社 (2007/8/6)
 ISBN-13: 978-4426102296

世の中には奇特な人がいるものだ(皮肉ではありません)。
この本の巻末に、ウェブサイトがいくつか紹介されていた。

なんだか、すごい。

 そうでん
  http://transm.web.infoseek.co.jp/
 送電鉄塔見聞録
  http://transmltkbr.sakura.ne.jp/

 送電線
  http://www5b.biglobe.ne.jp/~y1hiro/

 鉄塔観察Webリンク集 - 毎日送電線
  http://d.hatena.ne.jp/sarumaruhideki/20041003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歩】ハナミズキ、咲く

午前中、自転車で市役所付近まで用足しに。

ついでに、市立中央図書館に寄ってきた。
収蔵書籍は多くないが、2階のレファレンス室が充実している。
東大和市史関係で貸出可能なものがあったので、二冊借りてきた。

 東大和市立図書館公式ホームページ
  http://www.lib.higashiyamato.tokyo.jp/index.html

帰り道、青梅街道を東大和市駅(西武拝島線)へまわり、駅前のTSUTAYAに寄った。
レンタル中心の店なので本は少ないが、雑誌コーナーで面白そうなムックを発見、購入。
ここしばらく本屋を覗いていなかったあいだに、発売されていたのだな。


『南方熊楠―森羅万象に挑んだ巨人 (別冊太陽 日本のこころ 192) 』
 平凡社 2012/1/19発売

もう一冊、こんなものも買ってしまった。

駅前からバス通りを通って帰宅。

ハナミズキが咲きはじめていた。
ハナモモが、いまを盛りと咲き誇っていた。
モクレン(紫木蓮)も。

いい季節になった。

201204180001

201204180002201204180004

201204180006201204180007   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

【歩】東村山富士見図書館

引っ越してきたこの町、小平にくらべると図書館が少ない。
団地の中に地区館がひとつあるが、休館日が多く、まだ中に入ってない。

隣りの東村山市の地区館(富士見図書館)が近いことがわかったので、歩いて行ってみた。
住まいから1300メートルほど。

午前中、晴れていたので、花の写真を撮りながら歩いて行った。

八重のサトザクラがほころび始めている。
ムラサキハナナ、ハナニラもあちこちで見かける。

201204170004

201204170001201204170005

空地にタンポポの群落があった。
シャガも咲き始めている。

201204170023201204170029

ハナカイドウも色鮮やか。
桜もまだまだ、たくさん咲いている。
春だなあ。

201204170033

201204170021201204170027

目的地、東村山市立図書館の富士見図書館。
団地の建物の一階だった。
入口の文字、なんとも威厳がある。

 東村山市立図書館
  http://www.lib.city.higashimurayama.tokyo.jp/TOSHOW/index.asp

201204170026

蔵書数は少なく、児童書が多かった。
それでも、ひさしぶりに入った図書館の、ひんやりと空気が心地よかった。
今日の午前中は、陽射しが強く、歩いていると汗ばむほどの陽気だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

【遊】夕やけ小やけふれあいの里

昼前に家をでて、八王子まで行ってきた。
東京新聞のタウン誌 「暮らすめいと」(2012年4月号)の記事をみて、行ってみようということに。

国道20号から陣馬街道を西へ、八王子の西端だ。
自宅から片道30キロほど。

道々、満開の木々(梅、ハクモクレン、モクレン、ミツバツツジ、ソメイヨシノ、等々)を眺めながら、きもちのいいドライブだった。

 夕やけ小やけふれあいの里
  http://www.hachioji-kankokyokai.or.jp/yuyake/yuyakekoyake.htm
  東京都八王子市上恩方町2030番地

東京新聞 暮らすめいと 2012年4月号

Tokyoshinbun_kurasumeito2Tokyoshinbun_kurasumeito1

温泉だと勝手に思い込んでいたのは、日帰り入浴施設だった。
ちょっとがっかり。

日帰り入浴施設 「おおるりの家」
 入浴料 500円
 宿泊もできる

201204160001_2201204160002

でも、周囲は山桜が満開で、きれいだった。
鯉のぼりも泳いでいた。
もう、そんな季節なんだなあ。

201204160018201204160023

201204160015

201204160039

201204160044

入園料200円を支払って、「夕焼小焼館」 にはいってみた。
八王子恩方出身の写真家・前田真三さんのギャラリーがあり、真三さんと子息の晃さんの写真展をやっていた。
このギャラリーで、おいしいコーヒーをいただいた。

いいところだった。
また行ってみたいな。

201204160006201204160020

201204160022   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

【歩】送電線探索、続く

午後、自転車で近くのCO-OP生協まで。
いつも見ていた送電線の鉄塔を確認。
「小平線」の№6鉄塔だった。

 東京西北部の送電鉄塔 - 小平線・BS小平線
  http://www.geocities.jp/souden_tettou/miniflat/kdir.htm

「多摩変電所」から、小平方面に延びているようだ。

20120415200012012041520003

2012041520002

生協から北へ、野火止用水にでて、団地に戻ってきた。

2012041520005

団地の敷地で、ヤマザクラを一本みつけた。
ハナニラの群生が、あちらこちらにある。
散り始めたソメイヨシノの樹で、花の形のきれいなものがあった。

2012041520007

2012041520008

2012041520012

ぽつりと一本、ヤナギの樹。
若葉が茂りはじめている。

2014041520014 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歩】送電線に沿って

朝から晴れて、きもちがいい。
昼前、自転車に乗り、送電線に沿って散策してみた。

私が住んでいる棟のすぐ近く立っているのは、「只見幹線」の鉄塔だった。
南側のベランダから真前に見える巨大な鉄塔が、これだ。

201204150027201204150028

これまで見過ごしていたプレートを確認。
510本目ということになる。
そうとう長い距離に渡っている送電線だ。
「電源開発(J-POWER)の所有。

 東京西北部の送電鉄塔 - 只見幹線
  http://www.geocities.jp/souden_tettou/freesee/tada1.htm

<秘境として知られるJR只見線・田子倉駅近くの田子倉発電所から500本以上の鉄塔を介して遥々東京へとやってくる。1959年の開設で、50周年を迎えた比較的古い路線だ。>

この送電線の下は遊歩道になっている。
遊歩道を北へたどってみた。
住宅街の横、きもちのいい散歩道だ。

600メートルほどで、すぐに新青梅街道(都道5号 新宿青梅線)にぶつかった。

201204150043

ここで遊歩道はおしまい。
横断歩道を渡り、新青梅街道の北側へ。
「空堀川(からぼりがわ)」が、街道に沿って東西に流れている。
このあたりを歩くのは初めてだ。

201204150049

みごとな桜並木があった。
路面が散った花びらで埋めつくされていた。

201204150065201204150068 

「只見幹線」に並行して、もう一本、南北に走っている送電線がある。
これまた、私の住む団地の中を通っているものだった。
「東大和線」だった。
こちらは、東京電力が所有している。

 東京西北部の送電鉄塔 - 東大和線
  http://www.geocities.jp/souden_tettou/todai_wa/todai_wa.htm

<南狭山変電所と多摩変電所を結んでいるが、番号は多摩変電所側から振られている。>

201204150052201204150053

「只見幹線」を中央自動車道とすれば、こちらは国道20号といったところだろうか。
鉄塔のデザインが違っていて、おもしろい。

これまで目障りだと感じていた送電線も、なかなか興味ぶかいものだった。

空堀川沿いの遊歩道をゆっくり回り、新青梅街道を渡り直して、団地に戻ってきた。
あちこちで桜が散り始めていたが、大島桜の樹もみかけた。
オオシマが好きな私には、嬉しかった。

201204150070201204150072

下は、団地の敷地にあったオオシマザクラ。
きれいだったな。

201204150006_2 

201204150007

201204150015

住棟の前、鉄塔のそばに三本ある桜の樹は、どうやら遅咲きの八重桜らしい。
若葉がでて、濃い色の蕾がふくらんでいた。
開花が楽しみだ。

201204150033201204150032

こんどは、この遊歩道を南へ行ってみようと思う。
西武拝島線脇にある、「多摩変電所」まで続いているはずだ。

 東京西北部の送電鉄塔 - 多摩変電所
  http://www.geocities.jp/souden_tettou/substa/tm/tmh.htm


この団地の周辺も、散策するにはいい場所だった。
よかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

【雑】謎の送電線

この団地を巨大な鉄塔が囲み、大がかりな送電線が上空を通っている。
写真に写し込むと無粋なことこの上ない。

201202060032

でも、生活に欠かせない電気を送ってくれている、大切なものだ。
(昨今の電力会社の問題は、さて置く)

この近辺には送電線が、やや大げさに言えば縦横無尽に張りめぐらされている。

市販の道路地図や住宅地図には、送電線の記載がない。
国土地理院の五万分の一図に載っているはずだが、私が持っている古い地図には、この近辺の送電線が載っていない。
……と思い込んでいたが、よくよく見ると、細い線で送電線が書きこまれていた。
(国土地理院 五万分の一地形図 「青梅」 昭和39年測量、昭和52年第2回修正、昭和60年修正)
こんど、最新の二万五千分の一図を買ってみよう。


ところで、今日、思いたってネットで調べてみた。
とても興味ぶかいサイトを発見。
個人サイトだ。
世間には、こういうことを調べている人がいるのか、と感心した。

 東京西北部の送電鉄塔
  http://www.geocities.jp/souden_tettou/

おかげで、私の住まいのまわりを通っている送電線について、目星をつけることができた。
それにしても(あたりまえのことだが)、発電所から変電所を経て、はるばる送られてくる電気。
そのルートについて、あまりにも無知だったことに愕然とする。

もう少し調べてみようと思う。
国土地理院(国土交通省)のポータルサイトも、なかなか充実しているようだ。

 電子国土ポータル
  http://portal.cyberjapan.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

【遊】ハナモモ、モクレン

相模原市の亀ケ池八幡宮。
ハナモモとモクレン(紫木蓮)がきれいだった。

撮影 2012/4/13(金) 神奈川県相模原市(亀ケ池八幡宮)

201204130053201204130055

201204130045

201204130030



亀ヶ池八幡宮公式サイト 相模原市の神社 上溝鎮座
 http://www.kamegaike.jp/

201204130039201204130040 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【遊】花びらの絨毯

ソメイヨシノが散り始めた。
花びらの絨毯。

撮影 2012/4/13(金) 東京都立川市

201204130001

201204130011201204130013

201204130020 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

【読】【震】「つなみ」の子どもたち

引っ越し後のバタバタもようやく落ち着き、すこしは本が読めるようになった。

昨年の震災後に 『つなみ』 という本を読んで感動したことがあった。

 2011年7月18日 (月)
 【読】被災地のこども80人の作文集「つなみ」
  http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/80-16e9.html


『文藝春秋増刊 「つなみ」 被災地のこども80人の作文集』
 森 健(もり・けん) 企画・取材・構成
 文藝春秋社 2011/6/28発行

東日本大震災による津波に直面した子供たちが、地震の瞬間や、津波を目の当たりにした時に何を感じたのか。家族や親友を失った悲しみ、避難所の暮らし、そして今、何を支えにしているのかを綴ってくれた文集です。半分以上は直筆文章を原稿用紙のまま掲載します(それぞれ写真と解説文つき)。
●3・11地震の瞬間、津波の恐怖 
●家族・親友を失って
●避難所のくらし 
●これからのこと
〔カラーグラビア16ページ〕 被災地での子供たちの写真と絵画作品集

涙なくして読めない作文集だった。
この続編を読み始めた。

『「つなみ」の子どもたち――作文に書かれなかった物語』
 森 健 著
 文藝春秋社 2011/12/10発行

18万部のベストセラーとなった作文集から生まれた、10の家族の喪失と再生のドキュメント。作文を書いてくれた子どもたちの「その後」。

あいかわらず遅読で、まだ三分の一しか読んでいないが、胸に迫る内容だ。
「一所懸命生きる」 とは、こういうことなんだな、と思う。

日本中から「頑張れ」「頑張ろう」と言われて、「何を頑張ったらいいのかわからん」 と洩らし、学校をやめて働く、と言いだした高校一年の男の子(石巻市 東松島高校・鈴木啓史くん)。
作文集からではわからなかった、金髪・ロングヘアーのやんちゃ坊主の素顔が見えた。

森 健さんの根気強い仕事には、頭がさがる。

森 健 (もり・けん)  ― 本書巻末 著者プロフィール より ―
ジャーナリスト。1968年東京生まれ。早稲田大学法学部卒。
「文藝春秋」「週刊文春」をはじめ各誌で人物ルポ、経済記事を中心に執筆。
(中略)
東日本大震災に際して、「文藝春秋」で被災地の子どもたちの取材を続けている。
『つなみ 被災地のこども80人の作文集』の企画・取材・構成にあたった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【雑】ベランダから花見

朝からどんより曇り空。
南風がでてきた。
午後から風雨になるという。

こんどの住まいは6階。
建物の周囲に空地が多く、広々している。
ベランダに出れば、居ながらにして桜の樹が見える。
満開だ。
気分がいい。


撮影 2012/4/11(水) 東京都東大和市

201204110041

201204110039

201204110038

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

【遊】立川の桜

立川に用があって、立川駅までバス、そこから歩いて南口の病院まで(徒歩15分ほど)。
病院の広大な駐車場は、まわりを桜(ソメイヨシノ)が囲んでいる桜の名所。
みごとだった。

撮影 2012/4/10(火) 東京都立川市

201204100011

201204100018201204100019

帰り道、立川駅に向かう途中、裏通りで見たオオシマザクラ(たぶん)。

201204100024

立川駅北口のロータリーに一本ある、ソメイヨシノ。
若葉が出始めていた。

201204100031201204100030


団地に戻って見つけた一本。
これは山桜系かな?
可憐な桜だ。

201204100036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

【歩】ああ、満開

ソメイヨシノが満開。
家の中も、引越荷物がようやく片付いたので、気分がいい。

この団地は広々としていて(空地が多い)、いい気持ちだ。
夕方、自転車に乗って近くのコープまで買物に。
いい陽気で、これまた気分がよかった。


撮影 2012/4/9(月) 東京都東大和市、小平市

201204090008

201204090001201204090015

201204090007201204090012

201204090013

201204090017 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

【楽】上々颱風 パブリックシアター・ライブ

毎年恒例、上々颱風の世田谷パブリックシアター・ライブの二日目。
今日、行ってきた。

201204080008_2

例年だと5月開催なのだが、今年は4月。

 上々颱風official website
   http://www.shangshang.jp/shang.html より
 上々颱風 シアターLIVE! 2012
 <公演詳細>
 2012年4月7日(土)開場18:00/開演18:30
 2012年4月8日(日)開場15:00/開演15:30
 世田谷パブリックシアター
 前売¥5,000/当日¥5,500(全席指定/税込)


「続・空想【楽】旅行」と銘打ち、公演のちらしによれば、昨日(4/7)が「北半球編」で今日が「南半球編」とのこと。
昨日は(懐具合もあって)行けなかったが、演奏曲目が違うのだろう。

楽しいライブだった。
彼らの持ち歌を、いつもと全く違うアレンジで聴かせてくれた。
使っている楽器にも、目新しいものが多かった。
ステージ奥にずらりと楽器が並べてあった。
白崎映美さんいわく「まるで射的か骨董品屋のようですね」。

1階9列目ぐらいの席だったので、ステージが間近に見られた。
あらためて、衣装の華やかさに目をうばわれた。

あっという間に終わってしまったように感じたが、二時間近くのステージだったのだ。
次回、家人といっしょに行けるといいのだが……。


201204080006201204080007_2


会場で、木の実ナナさんの 「50周年記念コンサート」 (ル テアトル銀座)のちらしをもらってきた。
5月29日から6月2日まで、五日間連続で、上々颱風が共演する。
毎回、錚々たるゲストを迎える。

 木の実ナナ50周年記念コンサート ショーガールの時間旅行
  | サンライズプロモーション東京
  http://www.sunrisetokyo.com/schedule/details.php?id=1188

Nana_pamph1_2Nana_pamph2

高額チケットだが、家人と二人で(一回だけ)行こうと思う。
以前(2003年)、ミュージカル「阿国」を二人で観に行ったことがある。
(木の実ナナさんが主演、上々颱風が音楽担当)
あれは楽しいステージだった。


 ミュージカル | 阿国
  http://www.moon-light.ne.jp/musical/okuni.htm


「阿国」 2003年7月 「ル テアトル銀座」 公演 ちらし
Okuni

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

【遊】あきる野の蕎麦 「加賀屋」

五日市(あきる野市)の霊園へ墓参に行った。
山の中腹にあるカトリック霊園の桜は、まだ咲き初めだった。

201204070006201204070009 

帰りに、いつもの蕎麦屋 「加賀屋」 に寄る。
場所がわかりにくいが(五日市街道の南)、独特の蕎麦がおいしい。

 加賀屋  - 武蔵増戸/そば [食べログ]
  http://r.tabelog.com/tokyo/A1330/A133001/13067587/
 
加賀屋 - あきる野市/そば・うどん:マピオン電話帳
  http://www.mapion.co.jp/phonebook/M01003/13228/G0425961648-001/



201204070014201204070017 

つなぎに山芋と卵を使っているそうで、もっちりした感じ。
もりそば900円。
やや値が張るが、小鉢の煮物と天ぷらが付く。

201204070016

加賀屋さんの庭の桜が満開。
やや小ぶりで、色の濃い桜だ。
何という名前の桜だろうか。
お店の人に聞いてみればよかった。

201204070013201204070019 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

【歩】花冷えの日、軽く散歩

今日、4月6日は 「花冷え」 の特異日なんだそうだ(Wikipedia)。

 Wikipedia 「特異日」
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E7%95%B0%E6%97%A5
 花冷え とは - コトバンク
  http://kotobank.jp/word/%E8%8A%B1%E5%86%B7%E3%81%88


風強く、寒い一日だった。
ソメイヨシノがそろそろ満開。

夕方、近くのスーパーへ、かみさんと二人で買物にでた。
ソメイヨシノだけじゃなく、モモやレンギョウ、ハクモクレン、ユキヤナギなど、花ざかり。
菜の花も咲いていた。

待ちに待った春なのだ。

この団地のまわりにも、けっこう樹木がある。
新緑の季節が楽しみだ。


201204060041

201204060002201204060044

201204060045

201204060009

201204060021201204060046

スーパーの隣りの小公園に、オオシマザクラ系の桜が咲いていた。
オオシマだろうか。
私は、ソメイヨシノよりも、オオシマザクラ系の清楚な桜が好きだ。

201204060031

201204060034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

【遊】小平中央図書館の桜

小平中央図書館の桜。

図書館の前(南側)が、ちょっとした遊歩道になっています。
この図書館のまわりは、落ち着く場所です。
図書館内部も広々しています。
小平は、ほんとうに図書館が充実している町です。

 小平市立図書館
  http://library.kodaira.ed.jp/


撮影 2012/4/5(木) 東京都小平市(小平中央図書館)

201204050008

201204050010

201204050012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】咲きはじめた、桜

この陽気で、ソメイヨシノが一斉に開きはじめた。
この団地の周辺でも。

撮影 2012/4/5(木) 東京都東大和市

201204050002

201204050001

小平図書館友の会 「チャリティ古本市」 の反省会に出席するため、小平へ行った。
早めに着いたので、中央図書館、福祉会館の周辺で桜の写真を撮った。
ハナニラも咲いていた。

撮影 2012/4/5(木) 東京都小平市

201204050005

201204050007

201204050018

帰り道、八坂(小平市)のダイエーに寄った。
ここでも、ソメイヨシノが目をひいた。
いよいよ、春だなあ。

201204050025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

【遊】江戸東京たてもの園、春

小金井公園の江戸東京たてもの園に入る。
ここも、ひさしぶりだ。

 江戸東京たてもの園
   http://www.tatemonoen.jp/index.html

展示室で開催されている 「万徳旅館にみる暮らしの100年」 という特別展を見たかったのだ。
4/8(日)で終わってしまうので。

   http://www.tatemonoen.jp/special/index.html

「万徳旅館」は、青梅(東京都)に建っていた古い旅館。
昨年9月、復元移築され、たてもの園の東ゾーンに展示されている。

201204040018201204040019

万徳旅館 (江戸東京たてもの園)
201204040038

展示物はそれほど多くなかったが、面白かった。
「実物」が持つちからは大きい。
手垢にまみれた道具類、何度も貼り替えた襖の下張り、等々。


いい天気だった。
東ゾーンの休憩棟にある「蔵」で、うどんを食べた。
「桜あいもりうどん」 800円(友の会割引で100円キャッシュバック)。
汗ばむほどの陽気だったので、冷たいうどんが旨かった。

201204040040201204040044

201204040042 

西ゾーン 「三井八郎右衛門邸」 の庭園、枝垂れ桜の大木がみごとだった。

201204040026

園内は春の花盛り。
パラダイスだったな。

201204040020201204040060

201204040062201204040029

201204040025201204040028

201204040030201204040035

201204040034

201204040039201204040068 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】小金井公園、サクラサク

ひさしぶりの小金井公園。
駐車場が車で埋まっていた。
春休みだからなあ。

梅林は、花の盛りが過ぎていた。

201204040011

たてもの園前の広場は、人がいっぱい。
ソメイヨシノのほとんどは、まだ蕾だったが、ほころび始めた樹もあった。
やっと桜(ソメイヨシノ)が咲いた。
春だ、うれしいな。

201204040012

201204040017

201204040085


小金井公園|公園へ行こう!
 http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index050.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】小金井公園へ

きのうの嵐が嘘のように、朝からきれいに晴れあがった。
風があったけれど、暖かい一日だった。

昼前、車で小金井公園へむかう。
途中、小平で用を足す。
パン屋で買物、クリーニング店で受け取り、焼豚の購入(よく買いに行っていた店)、ドラッグ・ストアーでの買い物、等々。
住み慣れた小平から、なかなか離れられない。

自宅近くにコブシ並木があった。
陽の光を浴びて、コブシの白い花がきれいだった。
ハクモクレンよりも、コブシの方が好きだ。

201204040002

小平の団地の近くに、カンヒザクラ(寒緋桜)の林がある。
通りがかりに見ると、濃い桃色の花が鈴なりだった。
枝垂れ桜も咲いていた。
車を脇道にいれて、写真を撮った。

201204040003

201204040007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

【歩】さくらが咲きはじめた

風が強くなってきた。
これから夜にかけて、暴風になるという。

ひどくならないうちにと、自転車で買い物にでた。
外階段を降りるとき遠くを見ると、薄桃色のかたまりが目にはいった。
桜の樹だった。

ちょっと遠回りして、写真を撮ってきた。
ソメイヨシノではないように思う。
やけに花の色が濃い。

この一本だけ、咲きはじめている。
他の樹は、まだ蕾。

強い風で散らなければいいのだが。

201204030001

201204030002

サンシュユの樹をみつけた。
遠くから見るハクモクレンがきれいだ。

201204030004

201204030007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

【歩】春の花が咲いていた

きのうあたりから、室内にゴキブリのこどもが徘徊している。
この団地は、ゴキブリが出そうだ。
そんなわけで、夕方、自転車に乗って近くのドラッグ・ストアーへ。

夕暮れ。
風が冷たかった。
夕陽を浴びて、ハクモクレンがきれいだった。
満開のレンギョウも。

201204020001

201204020006_2

店まで、わずか500メートルほどの距離だが、道々、春の花をみかけた。
ユキヤナギ、ジンチョウゲ、満開の梅。
暖かくなってきたので、そろそろ自転車で近隣を探索してみようと思う。

201204020008201204020017

薄暗くなったのでストロボを使ったら、こんな写真になった。

201204020012

201204020018

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

【遊】ひさしぶり、国分寺・小平へ

午後、車で国分寺へ買物にでかけた。
まず、「お鷹の道」 近くのテラス 「ライトハウス」 に寄って、うどんをいただいた。
ここは、私たちの引っ越し後、はじめて訪れる。
店主の仁田さんご夫妻にお会いできて、うれしかった。

陽気がよかったせいか、お鷹の道や国分寺駅周辺を歩いている人が多かった。

201204010001201204010004

201204010006201204010007





201204010008_2

201204010011_2

国分寺駅ビルのパン屋でパンを買う。
ここも、ひさしぶりだ
その足で、小平へ。

一か月前まで住んでいた団地のクリーニング店に、洗濯物をお願いする。
今の住まいの近くには、これといったクリーニング店がないのだ。
いっそ通い慣れた店の方がいい、ということで、ここまで来た。
ちょっと遠いけれど。

小平団地の入口、ファミリーレストラン脇のコブシが満開。
ボケも、きれいに咲いていた。

201204010013201204010017

201204010016_2   

警察学校通りで恒例の 「さくらまつり」 をやっていた。
毎年、四月第一日曜日に開かれる催しだ。
今年はまだ桜(ソメイヨシノ)が蕾のままで、なんだか間の抜けたお祭りだった。
来週だったらよかったのに……。

ソメイヨシノはまだ咲いていなかったが、あちらこちらで早咲きの桜を見た。
「桜が開花」 と騒いでいるが、ソメイヨシノを基準にするのは、おかしいと思う。
染井吉野ばかりが桜じゃない。

いよいよ、春なのだ。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »