« 【雑】ベランダから花見 | トップページ | 【遊】花びらの絨毯 »

2012年4月11日 (水)

【読】【震】「つなみ」の子どもたち

引っ越し後のバタバタもようやく落ち着き、すこしは本が読めるようになった。

昨年の震災後に 『つなみ』 という本を読んで感動したことがあった。

 2011年7月18日 (月)
 【読】被災地のこども80人の作文集「つなみ」
  http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/80-16e9.html


『文藝春秋増刊 「つなみ」 被災地のこども80人の作文集』
 森 健(もり・けん) 企画・取材・構成
 文藝春秋社 2011/6/28発行

東日本大震災による津波に直面した子供たちが、地震の瞬間や、津波を目の当たりにした時に何を感じたのか。家族や親友を失った悲しみ、避難所の暮らし、そして今、何を支えにしているのかを綴ってくれた文集です。半分以上は直筆文章を原稿用紙のまま掲載します(それぞれ写真と解説文つき)。
●3・11地震の瞬間、津波の恐怖 
●家族・親友を失って
●避難所のくらし 
●これからのこと
〔カラーグラビア16ページ〕 被災地での子供たちの写真と絵画作品集

涙なくして読めない作文集だった。
この続編を読み始めた。

『「つなみ」の子どもたち――作文に書かれなかった物語』
 森 健 著
 文藝春秋社 2011/12/10発行

18万部のベストセラーとなった作文集から生まれた、10の家族の喪失と再生のドキュメント。作文を書いてくれた子どもたちの「その後」。

あいかわらず遅読で、まだ三分の一しか読んでいないが、胸に迫る内容だ。
「一所懸命生きる」 とは、こういうことなんだな、と思う。

日本中から「頑張れ」「頑張ろう」と言われて、「何を頑張ったらいいのかわからん」 と洩らし、学校をやめて働く、と言いだした高校一年の男の子(石巻市 東松島高校・鈴木啓史くん)。
作文集からではわからなかった、金髪・ロングヘアーのやんちゃ坊主の素顔が見えた。

森 健さんの根気強い仕事には、頭がさがる。

森 健 (もり・けん)  ― 本書巻末 著者プロフィール より ―
ジャーナリスト。1968年東京生まれ。早稲田大学法学部卒。
「文藝春秋」「週刊文春」をはじめ各誌で人物ルポ、経済記事を中心に執筆。
(中略)
東日本大震災に際して、「文藝春秋」で被災地の子どもたちの取材を続けている。
『つなみ 被災地のこども80人の作文集』の企画・取材・構成にあたった。

|

« 【雑】ベランダから花見 | トップページ | 【遊】花びらの絨毯 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

【震】震災日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

震災の情報は集めまくっています。

本に出てくる八幡千代ちゃん、NHKの番組にも出ていましたが、昨日の毎日新聞によるとスイスのNGOから招待されて春休みをスイスで過ごしたそうです。

たぶん、ここまで↑追跡しているのは私だけでしょうね(爆)

投稿: こまっちゃん | 2012年4月11日 (水) 21時44分

>こまっちゃん
さまざまな「現場」に足を運ぶ、こまちゃんには感心しています。
いろんな情報、いつもありがとさんです。

投稿: やまおじさん | 2012年4月11日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/54448619

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】【震】「つなみ」の子どもたち:

« 【雑】ベランダから花見 | トップページ | 【遊】花びらの絨毯 »