« 【歩】都立東大和公園 | トップページ | 【歩】北山公園菖蒲苑(東村山市) »

2012年5月24日 (木)

【歩】ヤマボウシ

この団地の街路樹はヤマボウシだった。
ちらほらと咲きはじめたので、わかった。
まえに住んでいた小平ではあまり見かけなかったので、うれしい。

私は、ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)よりも、静かに咲くヤマボウシの方が好きだ。
ここの街路樹は、まだちいさな樹だ(3メートルほどか)。
山に行けば大きなヤマボウシの樹が見られる。

ヤマボウシ 山法師
山地に生える落葉高木。高さはふつう5~10メートル。大きいものは15メートルになる。(中略)花期は6月。4個の白い総苞片がよく目立ち、その中心に小さな花が多数球状に集まってつく。果実は秋に紅く熟し、甘酸っぱくておいしい。総苞片が淡紅色のものをベニヤマボウシという。
― 山と渓谷社 『山渓ポケット図鑑2 夏の花』 より ―


201205240001

201205240004

こちらは、ヒルザキツキミソウ
可憐な花だ。
アカバナ科マツヨイグサ属の多年草。
ホンモノの月見草は白花で、夕方から翌朝まで咲く。
有名な太宰治『富嶽百景』の「富士にはツキミソウがよく似合う」は、オオマツヨイグサであるそうな。
(山と渓谷社 『山渓名前図鑑 野草の名前 夏』 による)

201205240006

|

« 【歩】都立東大和公園 | トップページ | 【歩】北山公園菖蒲苑(東村山市) »

四季 夏」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】ヤマボウシ:

« 【歩】都立東大和公園 | トップページ | 【歩】北山公園菖蒲苑(東村山市) »