« 【雑】さわやかな朝 | トップページ | 【読】沢木耕太郎 「ポーカー・フェース」 »

2012年10月30日 (火)

【読】さて、肩のこらない本を

小熊英二さんの大著 『<民主>と<愛国> 戦後日本のナショナリズムと公共性』(新曜社)を読了。

面白かったのだが、難しい本だったので、さすがに疲れた。
なにしろ、本文だけで800ページ、巻末注(これがけっこう面白い)が120ページ、人名索引8ページ(とりあげられている人名は400~500ぐらいか)というもの。

この本のなかで、小熊さんが何度か引用していた本が面白そうだったので、図書館(隣市の東村山図書館)から借りてきて読み始めている。
東大和の図書館には置いていなかった。
Amazonでも、現在入手不能。
こういうとき、図書館はありがたい。

山本 明 『戦後風俗史』
 
 大阪書籍 1986年発行 278ページ

真面目な内容だが、肩のこらない本。
たぶん、一、二日で読めそうだ。

<生々流転する日常風景のなかに、自分史を重ね合わせながら、風俗からみた戦後日本のもうひとつの“顔”を、生き生きと描き出した労作―。 > (Amazonより)

Sengo_huzokushi_2

|

« 【雑】さわやかな朝 | トップページ | 【読】沢木耕太郎 「ポーカー・フェース」 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

小熊英二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/56003991

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】さて、肩のこらない本を:

« 【雑】さわやかな朝 | トップページ | 【読】沢木耕太郎 「ポーカー・フェース」 »