« 【遊】沖縄訪問記 (11) 竹富島(その1) | トップページ | 【遊】沖縄訪問記 (13) 竹富島(その3) »

2012年11月25日 (日)

【遊】沖縄訪問記 (12) 竹富島(その2)

石垣島からのフェリーが着く竹富東港(竹富島の北東岸に)から南西へ、集落に向かう道路(ホーシーミチ)をしばらく歩く。
やがて、道路は島の環状線(がんじゅ道)と交差し、さらに進めば東集落(アイノタ)にはいる。
ここまで来て、ようやく、観光客の姿をちらほら見かけるようになった。

それにしても、島の地名はおもしろい。

201211180370


竹富郵便局


あいにく日曜日のため、閉まっていた。
年賀はがきの無粋な幟さえなければ、趣のある、島らしい建物なのに。

201211180371


高那(たかにゃ)旅館

こんど来たときには、こういう旅館に泊まってゆっくりしたいものだ。

201211180372


東パイザーシ御嶽 (あいパイザーシおん)

201211180377201211180376

島の人々の聖地である「御嶽(うたき)」が、島内に点在する。は
八重山地方では「おん」あるいは「わん」というらしい。
部外者がずかずかと踏み込むのはいけないので、遠慮しながら写真を撮らせてもらう。

御嶽(うたき)
<沖縄には古くから、創造神のキミマモン、火の神ヒヌカン、海の彼方からやって来るニライカナイの神、祖霊などを崇信する信仰があり、人びとの日常生活に深く根づいている。
 その神々が下って来る聖地が御嶽(八重山地方では、オン、あるいはワンという)で、各集落の森や高い丘、岬などにあり、神女ノロたちが祈願を行ったり、正月(旧暦)の初御願(ウガン)ウグヮンや節祭しつぃなどの村落祭祀が行われる。
 
 御嶽の形態はさまざまだが、中心にイビと呼ばれる神の依りましの岩や神木(くば、ガジュマルなど)があり、その前に石の香炉が置かれている。御神体や建造物はないのが本来のかたちで、地面に正座をして線香、塩、花米ウグヮンなどを捧げて拝んでいる人がいれば、おおむね御嶽と思ってよい。
 
 近年はコンクリートの小さな拝所をつくり、内部に拳大の自然石を三つ置いて竈を表し、その彼方の火の神を拝む御嶽も少なくない。……>
 (池澤夏樹 編 『オキナワなんでも事典』 新潮文庫より)



旧与那国家住宅 (よなぐにけじゅうたく)

旧与那国家住宅 文化遺産オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=177442

 文化財オンライン http://bunka.nii.ac.jp/Index.do 内

201211180380201211180381

フーヤ(主屋)とトーラ(炊事棟)、それに豚小屋があることを後で知った。
右上写真のフーヤを一周して戻ろうとしたら、隣り(今思えばトーラ)に人の気配があって、びっくりした。
てっきり無人の展示物と思っていたのだ。

この島のほかの場所でもそうだったが、部外者である観光客(私)が、どこまで足を踏み込んでいいものか、迷った。
ちなみに、島で会った一般の島民はごくわずかだった。
ラジオをつけながら散歩していた老婆に、この先ですれちがった。
こちらから遠慮がちに「こんにちは」と挨拶すると、「こんにちは」と返ってきて、ほっとした。

沿道の民家は、どれも赤瓦と石垣が美しい。
赤瓦にはシーサーが乗っている。

201211180385


竹富小中学校

日曜日だったので子どもたちの姿はなく、静かだった。
ここも、島らしい趣きのある建築だ。

201211180386201211180387

校門の内側、左手が中学校(左上写真)、右手が小学校(右上写真)。


大きな地図で見る

(つづく)

|

« 【遊】沖縄訪問記 (11) 竹富島(その1) | トップページ | 【遊】沖縄訪問記 (13) 竹富島(その3) »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

ちょっと遠くへ」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/56186942

この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】沖縄訪問記 (12) 竹富島(その2):

« 【遊】沖縄訪問記 (11) 竹富島(その1) | トップページ | 【遊】沖縄訪問記 (13) 竹富島(その3) »