« 【読】日本国憲法 | トップページ | 【読】沖縄・先島への道(司馬遼太郎) »

2012年12月19日 (水)

【読】アイウエ音楽館(中村とうよう)

中村とうようさんが自ら命を絶ったのは、昨年の夏だった。

→ ブログ 過去記事
2011年7月22日 (金) 【楽】中村とうようさん死去
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-c072.html


私はそれほどのファンではなかったが、とうようさんから、音楽についてたいせつなことを教えてもらったと思っている。

『大衆音楽の真実』 (ミュージック・マガジン、1986年) という本は、いまでも大事にしているし、この本とセットになっている2枚組×2セットのレコード(*)は、私の宝物だ。

(*)
THE PEOPLE'S MUSIC
 A Global Re-view Of Pop (SOUP RECORDS TW1)
THE PEOPLE'S MUSIC
 A Global Re-view Of Pop - Ⅱ (SOUP RECORDS TW3)

【参考】 中村とうよう / 大衆音楽の真実 | EL SUR RECORDS
http://elsurrecords.com/2012/08/02/%e4%b8%ad%e6%9d%91%e3%81%a8%e3%81%86%e3%82%88%e3%81%86-%e5%a4%a7%e8%a1%86%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%81%ae%e7%9c%9f%e5%ae%9f/

The_peoples_music

 

ちくまプリマーブックスに、とうようさんの書いた楽しい本があった。
図書館から借りていたものを、今日、窓際の陽だまりで、ゴロゴロしながら読んだ。

外は北風がつめたいけれど、よく晴れている。


『アイウエ音楽館』 中村とうよう
 筑摩書房(ちくまプリマーブックス18)
 1988年 190ページ 980円(税込)

Aiue_ongakukan

ポピュラー音楽のよもやま話が、アイウエオ順に51項目並んでいる。
項目のあいだに関連はない。
あえてそうしなかったところに、とうようさん流のコダワリがある。

<なぜアイウエオにしたかというと、話の筋道をキッチリ順序だてた書き方をしたくなかったからです。身のまわりにころがっている音楽を、手あたりしだいに話のタネにしちゃうような調子で書こうと思って、アイウエオ順にしてみました。> (P.9 まえがき)

メリカの音楽
ギリスの音楽
クレレという楽器
スニックな音楽
リエントは楽器のふるさと

ムランのなぞ
ターという楽器
ロンチョンの古い歴史
ットー生まれの音楽
ンガとボンゴ

 ・
 ・
 ・

ちくまプリマーブックスは、中学生程度から上の青少年向けシリーズだが、この本はおとなが読んでもじゅうぶん面白い。
もちろん、いまのこどもたちにも読んでもらいたいな。
すこし古い(四半世紀前の)本だけれど、あたらしい発見があるはず。

|

« 【読】日本国憲法 | トップページ | 【読】沖縄・先島への道(司馬遼太郎) »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/56350835

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】アイウエ音楽館(中村とうよう):

« 【読】日本国憲法 | トップページ | 【読】沖縄・先島への道(司馬遼太郎) »