« 【読】アイウエ音楽館(中村とうよう) | トップページ | 【雑】ブログのタイトル変更 »

2012年12月20日 (木)

【読】沖縄・先島への道(司馬遼太郎)

先月、沖縄本島の那覇と石垣島、竹富島へ三泊四日で行った。
帰ってから、古本屋で司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズ文庫の一冊を買ってきて、読んでいる。

ずっと前に持っていたのだけれど、読まないまま古本市に出してしまった本だ。
実際に現地を訪れた今、読んでみると面白くてたまらない。

司馬遼太郎 『街道をゆく6 沖縄・先島への道』
 朝日文芸文庫 1978年刊 222ページ 440円(税別)

須田剋太画伯との珍道中が、可笑しい。
私は司馬ファンではないけれど、さすがに紀行文の名手だと感心しながら読んだ。

司馬さんが週刊朝日に連載したのは1974年(6月21日号~11月5日号)、今から38年も前だ。
那覇も石垣島も、現在とはずいぶんちがっている。
そこがまた、興味深い。

那覇の首里城はまだ復元されていないし、石垣島もずいぶん様子がちがう。
司馬さん一行は、那覇、糸満を訪れた後、飛行機で石垣に渡り、竹富まで足をのばしている。
私が先月たどったコースだ。

ただ、竹富島だけは、今もそれほど変わっていないようだ。
あまり時間がとれなくて私が行けなかった場所もあるが、読んでいると竹富島の光景が目に浮かぶ。

うらやましいことに、司馬さんは、さらにその先の与那国島まで行っている。
魅力的な島である。

西表、与那国、波照間には、いつか私も行ってみたい。
宮古島や奄美諸島にも。

石垣島も竹富島も、いいところだったなあ。
どうやら私は、先島のとりこなってしまったようだ。


大きな地図で見る

|

« 【読】アイウエ音楽館(中村とうよう) | トップページ | 【雑】ブログのタイトル変更 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/56356566

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】沖縄・先島への道(司馬遼太郎):

« 【読】アイウエ音楽館(中村とうよう) | トップページ | 【雑】ブログのタイトル変更 »