« 【歩】春の気配 | トップページ | 【読】そして、こんな本を »

2013年3月 7日 (木)

【読】読了、船戸与一「満州国演義7 雷の波濤」

二週間かけて、ようやく読了。

船戸与一 『満州国演義7 雷の波濤』
 新潮社 2012/6/20発行
 477ページ 2,000円(税別)

広大なスケールの書き下ろし長編、7巻目。
ここでも「船戸節」はいっこうに衰えをみせない。
ひさしぶりに小説を読む悦びにひたった。

船戸与一の小説は、暴力、殺人、性描写が激しいため、誰にでもすすめるわけにはいかないが、「船戸史観」とでも呼びたいしっかりした歴史観を土台にしていて、読み応えがある。

『満州国演義』の一巻目、「風の払暁」は、昭和3年6月4日の張作霖爆殺にはじまる。

敷島家という架空の名家に生まれた四兄弟、敷島太郎、次郎、三郎、四郎。
長男は「満州」在住のエリート外交官。
次男は日本を捨てて満蒙の地で馬賊の長となり、放浪を続ける。
三男は優秀な陸軍憲兵として、やはり大陸で活躍する。
四男だけは国内で無政府主義に傾倒し、劇団に所属していたが、これも大陸に渡る。

この四人と、それをとり巻く奇怪な人間関係を軸に、日中戦争からアジア・太平洋戦争の泥沼に足を踏み入れていく日本の「あの戦争」の時代が描かれる。
実在の軍人、政治家、民間人も多数登場するが、それらは直接姿を見せず、小説の登場人物たちの口を借りて描かれている。
フィクションといえばフィクションだが、ベースは史実だ。
作者は、おそらく、膨大な史料をたんねんに調べているはず。
(最終巻に参考資料が一挙掲載されるという)

私の手もとには、「あの戦争」関係の本がたくさんあるが、さしあたって読んでみようと考えているものをあげておく(再読を含む)。
いずれも新書。

なかなか本も読めないが……。

   

『満州国演義』にかける船戸さんの意気込みは、下の書籍で。

Funado_manshuu_booklet_2

この書籍について書いた、四年ほど前の私のブログ記事も、ご参考まで。

2009年1月25日(日) 【読】船戸与一の流儀
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-02c1.html

|

« 【歩】春の気配 | トップページ | 【読】そして、こんな本を »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

満州」カテゴリの記事

船戸与一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/56906303

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】読了、船戸与一「満州国演義7 雷の波濤」:

« 【歩】春の気配 | トップページ | 【読】そして、こんな本を »