« 【歩】散歩日和 | トップページ | 【雑】雨に煙る桜 »

2013年3月24日 (日)

【読】見るべきほどのことは見つ

ひさしぶりの「読書日誌」だ。

数日前に読みおえた内村剛介さんのロングインタビューは面白かった。

2013年3月 7日 (木) 【読】そして、こんな本を
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-e73c.html

『内村剛介ロングインタビュー 生き急ぎ、感じせく―私の二十世紀』
 陶山幾朗/編集・構成
 恵雅堂出版 2008/5/25発行
 407ページ 2,800円(税別)

先日、東村山市立中央図書館で借りてきた、『見るべきほどのことは見つ』 を、今日から読みはじめた。
「見るべきほどのことは見つ」というフレーズは、平知盛のことばだそうだ。

― Wikipedia 平知盛 より ―
<自害にあたり、知盛は碇を担いだとも、鎧を二枚着てそれを錘にし、「見るべき程の事をば見つ。今はただ自害せん」と言い残して入水したとも言われている。共に入水後遺体となるか、あるいは生きたまま浮かび上がって晒し物になるなどの辱めを受けるのを避ける心得である。>

もちろん、内村さんの書名もこの故事によっている。

― 恵雅堂出版のサイトより ―
<シベリア獄中11年、あれは今にして思えばわたしの人生のもっとも充実した時間帯だったようです。大げさに言えば、平知盛ではありませんが、わたしもまた若く稚くして「見るべきほどのことは見つ」ということになったようです。その見るべきものとはわたしたちの20世紀の文明—なんといおうとそれはコムニズム文明であるほかなかった—そのわたしたちの文明の行きつくさきです。その向う側を見てしまったという思いがするのです。 (本文より)>

内村剛介 『見るべきほどのことは見つ』
 恵雅堂出版 2002年6月発行
 316ページ 3,300円(税別)

恵雅堂出版
http://www.keigado.co.jp/
この本のページ
http://www.keigado.co.jp/goods/1233463757212/

「見るべきほどのことは見つ」 という書名には、強烈なインパクトがある。
私は、内村剛介さんの熱心な読者ではないが、ひそかに敬愛している。

じっくり読んでみたい本だ。
なお、この本の後半は、冒頭にあげた 『ロングインタビュー』 に収録されている陶山幾朗氏によるインタビューの一部である。
すでに読んでいるので、その部分は読み飛ばそう。

         

|

« 【歩】散歩日和 | トップページ | 【雑】雨に煙る桜 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

内村剛介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/57023947

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】見るべきほどのことは見つ:

« 【歩】散歩日和 | トップページ | 【雑】雨に煙る桜 »