« 【読】読書会 | トップページ | 【読】気になる本 »

2013年5月27日 (月)

【雑】小平住民投票の残念な結果

昨日おこなわれた、小平市の住民投票。
投票率が35.17%で、50%に満たなかったため、開票されないことになった。

住民投票 投票結果|東京都小平市 より
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/oshirase/032/032896.html

(人数は左から男、女、合計)
投票当日有権者数  71,120人  73,904人  145,024人 
投票所投票者数  19,190人  20,977人  40,167人 
期日前投票者数  4,695人  5,915人  10,610人 
不在者投票者数  108人  125人  233人 
投票者総数  23,993人  27,017人 51,010人 
投票率  33.74%  36.56%  35.17%

しかし、有権者の三分の一が投票した結果が開票もされず、お蔵入りになるというのが、いかにも不可思議。
性格が違うといえばそれまでだが、先の小平市長選の投票率もこんなものだったのだ。
それでも、やり直しなどせずに、市長が選ばれている。

せめて投票結果を公開してはどうだろうか。
投票結果(都道計画の見直しの賛否)の情報公開を求める動きもでているらしいが。

ふつうに考えると、今回投票した人々のほとんどは、「都道計画の見直し」を求めているはず。
なぜなら、「見直し必要なし」という意見の人は投票に行かなかった(ボイコットとも言える)だろうから。
(もちろん、投票しなかった人々の大部分は無関心派だろう)
計画見直しの意見が、市民有権者の三分の一を占める、と思われるのだ。
その市民(住民)意志に蓋をしてしまう、という結果になってしまった。

【参考サイト】
東京新聞:小平市住民投票 不成立 直接参加低調 声聞けず:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052790070306.html
東京・小平市の住民投票不成立 投票率50%下回る  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2602R_W3A520C1CC1000/
5万票開かれぬまま…小平市住民投票不成立 : 東京多摩 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20130527-OYT8T00020.htm
小平市住民投票:投票率35.17%で不成立 開票せず- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130527k0000m040060000c.html


国会もそうだが、この国の「民主主義」って何なんだろう。
選挙が終われば、議員の思うままか……。
考えてみなくちゃなあ。


「小平市計画道路に住民の意思を反映させる会」 発行のパンフレット

Kodaira_touhyo_pamph1Kodaira_touhyo_pamph2


府中所沢線ホームページ (東京都建設局)
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kitakita/kodaira328/index.html

平成25年5月26日投票 住民投票|東京都小平市
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/oshirase/032/032869.html

|

« 【読】読書会 | トップページ | 【読】気になる本 »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

コメント

某番組でこのことを取り上げた時、考えたのがこの春の小平市長選挙のこと。確か、37%くらいだったと。
4割以下の支持率の市長がよく言うわ....と笑ってしまいましたよ。
しかしなにかと取り上げられますね、小平市。

投稿: どぅか | 2013年5月27日 (月) 10時10分

>どぅか さん
小平市長選の投票率は37%台でしたね。
まあ、市長の言い分を邪推すると
「投票者37%のなかでの一番の支持(得票)」+「投票しなかった人(投票者に結果お任せ)」=「有権者の支持」という論理なんでしょう。
今回、市長の後出し(市議会で条例可決後に修正案)で、50%未満なら開票しないことになったんですね。議会もそれを承認してしまった。
どうせ(と言ってはナンですが)拘束力のない投票なのだから、なおのこと、開票・結果発表してほしかった、と思います。

投稿: やまおじさん | 2013年5月27日 (月) 10時38分

朝日新聞より(小林市長のコメント)
 不成立の結果が発表された後、小林正則市長が会見し、「都内初の(条例に基づく)住民投票で全国的に注目を浴びた。市民の皆さんには冷静に活動を進めていただいた。心配したボイコット運動もなく、紳士的な活動を進めてこられたと思い、小平市の市長としてうれしく敬意を表したい」と語った。
 小林市長は「都の事業に支障をきたす」などとして条例案に反対意見を付けていた。

また、東京新聞の記事によれば、市長自身が投票したかどうかについて、「私はニュートラルな立場でやっていく」と答えるだけで明言しなかったそうだ。

投稿: やまおじさん | 2013年5月27日 (月) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/57468288

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑】小平住民投票の残念な結果:

« 【読】読書会 | トップページ | 【読】気になる本 »