« 【読】読みたい本がいっぱい | トップページ | 【歩】百日紅 »

2013年8月17日 (土)

【読】炎暑の下、図書館へ

近くの図書館から、リクエスト図書の準備ができたというメールが届いた。
炎暑の下、歩いて図書館(地区館)へ。

バス通りの両側にはムクゲが花盛り。
サルスベリも満開。
桜の樹には、蝉がとまって鳴いていた。
あの体と翅の色は、保護色だったんだな。
幹にとまっている姿が、なかなか見つけられない。

今日借りてきた本はこれ。
椎名誠さんの著書 『ぼくがいま、死について思うこと』(新潮社・2013年)に紹介されていたもの。

ジョン・ガイガー 『奇跡の生還へ導く人――極限状況の「サードマン現象』
 伊豆原 弓 訳 新潮社 2010年
 255ページ 1,800円(税別)

いま読んでいる 『エンデュアランス号漂流』 の事例、「シャクルトンの天使」 という章もある。
シャクルトン隊長率いる南極横断探検隊の漂流記も、順調に読みすすめている。
面白い。

シャクルトン自身の漂流記も出版されていることを知った。
他にも、この漂流に関する本が、Amazonでたくさんみつかった。

『エンデュアランス号漂流記』 アーネスト・シャクルトン
 中公文庫BIBLO 2003年

|

« 【読】読みたい本がいっぱい | トップページ | 【歩】百日紅 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

椎名誠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/58008947

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】炎暑の下、図書館へ:

« 【読】読みたい本がいっぱい | トップページ | 【歩】百日紅 »