« 【読】シャクルトンに消された男たち | トップページ | 【読】蔵書の苦しみ? »

2013年8月25日 (日)

【読】リクエスト本

市の図書館にリクエストした本が、近くの地区館に届いた。
新聞の出版広告で見て、蔵書一覧で検索したところ、まだ入っていない本だった。
図書館のサイトには「未所蔵資料のリクエスト」画面があるので、試しにリクエストしておいたのだ。

東大和市立図書館公式ホームページ
http://www.lib.higashiyamato.tokyo.jp/index.html

さすが、人気の作家だけあって、図書館に入るのも速いとみえる。

ジョン・W・ダワー 著/外岡秀俊 訳
 『忘却のしかた、記憶のしかた』

 岩波書店 2013/8/2発行 本文343ページ
 3,000円(税別)

― Amazonより ―
<冷戦の終焉、戦後五〇年という節目において、またイラクやアフガニスタンでの新しい戦争が進行するなかで、日本とアメリカは、アジア太平洋戦争の記憶をどう呼びおこし、何を忘却してきたのか―。ポスターや着物に描かれた戦争宣伝や修辞、ヒロシマ・ナガサキの語られかた、戦後体制のなかで変容する「平和と民主主義」、E.H.ノーマンの再評価など…。過去をひもとき、いまと対置することで「政治化」された歴史に多様性を取りもどす、ダワーの研究のエッセンスが凝縮された、最新の論集。一九九三年以降に発表したエッセイ・評論に、著者自身による書き下ろしの解題をつける。 >

ジョン・ダワーの本は、これまで何冊か読んで感じるところが多かったので、この新刊も読んでみたいと思ったのだ。
邦題にも惹かれた。
原題もほぼ同じ。
"WAYS OF FORGETTING, WAYS OF REMEMBERING ― Japan in the Modern World"

しかしながら、内容が濃いので、またまた時間がかかりそうだ。
それよりも、いま読みかけの本をいつ読みおえることができるのか、それがモンダイ。

     

|

« 【読】シャクルトンに消された男たち | トップページ | 【読】蔵書の苦しみ? »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/58060140

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】リクエスト本:

« 【読】シャクルトンに消された男たち | トップページ | 【読】蔵書の苦しみ? »