« 【読】昭和三十年代の匂い | トップページ | 【読】さて、小説でも »

2013年9月11日 (水)

【震】あの大津波から二年半

今日、9月11日は、あの地震と大津波から二年半。
大津波被害のシンボル的な存在だった、第十八共徳丸(全長約60メートル、総トン数330トン、総重量500~800トン)が解体されることになったという。

東日本大震災:「共徳丸」解体、9日から NPOが日程発表、エンジンなど再利用−−気仙沼 /宮城- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20130903ddlk04040117000c.html

Facebookの「ともだち」が紹介してくれた下記サイトで、この船の周辺360度のパノラマ映像が見られる。
震災から日の浅い2011年4月13日の様子から、時系列的に、今年の9月6日までの映像がまとめられている。
巨大津波の猛威を、あらためて痛感する映像だ。

気仙沼の共徳丸、9日から解体【東日本大震災パノラマ Vol.261】 - MSN産経フォト
http://photo.sankei.jp.msn.com/panorama/data/2013/0908kesennuma2/

【参考サイト】 東北まぐ(メールマガジン) より
http://www.mag2.com/o/touhoku/2013/0911.html

【参考書籍】
『大津波、原発事故、復興への歩み 震災1年全記録』 朝日新聞社

|

« 【読】昭和三十年代の匂い | トップページ | 【読】さて、小説でも »

【震】震災日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【震】あの大津波から二年半:

« 【読】昭和三十年代の匂い | トップページ | 【読】さて、小説でも »