« 【雑】夏雲 | トップページ | 【読】なんとか読了 「忘却のしかた、記憶のしかた」(ダワー) »

2013年9月 4日 (水)

【震】運を天に任せるのか?

「運を天に任せる」

成り行きにまかせる。
「やるだけやってあとは―・せる」
(運を天に任せるの意味 運に関連する慣用句 - Weblio辞書)
http://www.weblio.jp/content/%E9%81%8B%E3%82%92%E5%A4%A9%E3%81%AB%E4%BB%BB%E3%81%9B%E3%82%8B

うまくいくかどうかは天の意志に任せる。成り行きに任せる。
(運を天に任せる とは - コトバンク)
http://kotobank.jp/word/%E9%81%8B%E3%82%92%E5%A4%A9%E3%81%AB%E4%BB%BB%E3%81%9B%E3%82%8B

今日は、ひさしぶりに電車に乗って都心(飯田橋)へ。
自宅近くのバス停でバスを待つあいだに、強い雨が降りだした。
立川駅に着く頃には豪雨になった。

電車に乗っているうちに、雨があがって、傘は不要の長物に。
それからは、もわっとした南風が吹いて、きもちの悪い天気だった。

帰りの電車のなか、向かい側の席の男性が読んでいたタブロイド紙の大きな見出しが目についた。
正確な文言は忘れたが、福島第一原発と竜巻についてだった。
ネットでその記事が検索できた。

福島原発に「竜巻」の恐怖、東電は危機意識ゼロ
日刊ゲンダイ ゲンダイネット より
http://gendai.net/articles/view/syakai/144359

<「あの竜巻が福島第1原発を直撃したら……」
 不安を感じた人も多いんじゃないか。2日に埼玉、千葉を襲った竜巻は、頑丈にできている中学校の体育館の屋根まで吹き飛ばしていた。
 福島地方気象台は1日に、「竜巻注意情報」を2回発表している。3日も、「雷と突風に関する気象情報」を発表して、「落雷、竜巻などの激しい突風、ひょう、急な強い雨」に注意を呼びかけていた。福島で竜巻が吹き荒れる可能性は十分にあるのだ。
 実際、福島第1原発に程近い南相馬市では2010年に、小規模の突風が起き、ビニールハウス9棟に被害が出ている。……>

一昨日の竜巻の猛威を映像で見せつけられた後では、この記事の指摘はけっして杞憂ではない。
ふつうに考えれば、ボロボロになっている福島第一原発を竜巻の猛威が襲ったら、ひとたまりもないだろう、ということぐらい想像できる。

この日刊ゲンダイの記事では、東電の危機意識うんぬん、と言っているが、それよりもこの国の政府や官庁に、そこまでの危機意識があるのだろうか?
そんな気配は感じられないし、大メディアもそんなことを表立って問題にしていないようだ。

私たち(私を含めてこのジャパンに住む人たち)は、運を天に任せているのだろうか?
なんだか、絶望的な気分になってくる。

|

« 【雑】夏雲 | トップページ | 【読】なんとか読了 「忘却のしかた、記憶のしかた」(ダワー) »

【震】震災日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【震】運を天に任せるのか?:

« 【雑】夏雲 | トップページ | 【読】なんとか読了 「忘却のしかた、記憶のしかた」(ダワー) »