« 【読】林蔵から武四郎へ | トップページ | 【雑】10月 »

2013年9月30日 (月)

【雑】ひがしやまと茶うどん

おもしろい乾麺を三袋いただいた。
さっそく、一袋200グラムをゆでて、昼ごはんに食べてみた。

郷土食うどん×名産品狭山茶=ひがしやまと茶うどん、というもの。
東大和市商工会が開発した。
茶そばのうどん版、といったところ。

ほんのり緑茶の風味があって、それなりにおいしかった。
麺の色はもちろんお茶の緑色。

……でも、やっぱり白いうどんが好きだな。

Chaudon1 Chaudon2

― 包装紙より ―
郷土食「うどん」
多摩地域から埼玉県入間郡にまたがる武蔵野台地は、
関東ローム層に覆われており水はけが良いため、水田を使用する米より
良質な小麦の生産が盛んでした。
こうしたことから、東大和市でも小麦主食の文化地帯となっていて、
各家庭でうどんを打つ習慣があったそうです。
冠婚葬祭の食事の終わりには、必ずうどんを出す習慣もありました。
そのため、昔は早めにうどんを出すと「もう帰れということか」と怒られる
こともあったそうです。

畑ばかりの武蔵野で、うどんがハレの日のご馳走だったことは、よく理解できるところ。
武蔵野うどん、と呼ばれるうどんが、私は好き。
深大寺あたりの蕎麦もいいけど、ね。

|

« 【読】林蔵から武四郎へ | トップページ | 【雑】10月 »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

東大和界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/58294149

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑】ひがしやまと茶うどん:

« 【読】林蔵から武四郎へ | トップページ | 【雑】10月 »