« 【読】なんとか読んでいる、ダワーの新刊 | トップページ | 【雑】そして9月 »

2013年9月 1日 (日)

【読】汗をかきながら読書

今日も気温は35度。
当地の予報では、36度まで達するという。
まだまだ真夏の暑さが続いている。

ジョン・W・ダワーの新刊(原著は2012年発行)、『忘却のしかた、記憶のしかた ―日本・アメリカ・戦争』 を読み続けている。
 第3章 日本の美しい近代戦
 第4章 「愛されない能力」――日本における戦争と記憶
まで読んだ。

歴史学者ダワー氏の鋭い着眼、分析は、ためになることが多い。

<冷戦が割りこんで第二次大戦の公的な記憶をゆがめる前ですら、アメリカは注意ぶかく、日本の戦争責任のある側面をかくした。> (第4章 P.137)

東京裁判(極東国際軍事裁判)において、「米主導の検察が無視、およびまたは隠すことにした主要な論点と犯罪」は、次の四点だと指摘している。 (同ページ)

(1) 日本の侵略と残虐行為にたいする天皇の認識と責任
(2) 悪名高い七三一部隊が満州で、すくなくとも3000人の囚人にたいしておこなった致死にいたる「医学」実験
(3) 皇軍の陸海兵に性的に奉仕する数万人のいわゆる慰安婦の徴募と、事実上の奴隷化。その多くは韓国・朝鮮の若い女性だった
(4) 中国における日本の科学戦の全容

この本は、なんとか最後まで読んでみたい。

ジョン・W・ダワー 著/外岡秀俊 訳
 『忘却のしかた、記憶のしかた』

 岩波書店 2013/8/2発行 本文343ページ
 3,000円(税別)

|

« 【読】なんとか読んでいる、ダワーの新刊 | トップページ | 【雑】そして9月 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/58106858

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】汗をかきながら読書:

« 【読】なんとか読んでいる、ダワーの新刊 | トップページ | 【雑】そして9月 »