« 【遊】声に出して本を読む会 発表会へ | トップページ | 【読】「北海道人―松浦武四郎」 を読む »

2013年10月12日 (土)

【読】佐江衆一 「北海道人―松浦武四郎」 を読みはじめる

今日も夏のような天気。
気温は28度まであがっている。

午後からまた、小平へ行く。
小平図書館友の会主催 「声に出して本を読む会」 の朗読会二日目だ。

きのう、会場に行く前に図書館に寄って、朗読される佐江衆一の時代小説を探していたところ、それとは別の本をみつけて借りてきた。
さっそく読みはじめている。

佐江衆一 『北海道人――松浦武四郎』
 新人物往来社 1999/10/15発行
 309ページ 1,800円(税別)

これが、なかなか面白い。

― Amazonより ―
幕末、迫りくる列強の魔手を憂え、海防献策のため蝦夷地に渡った青年、松浦武四郎。彼の目に映じたのは、松前藩の圧政に呻吟するアイヌの姿だった。水戸の志士や吉田松陰との交遊を重ねながら、彼は時代の怒涛に呑み込まれてゆく。北に一生を捧げ、「北海道」の名付け親として今に知られる探検家の雄渾な生涯。

佐江衆一を読むのは、これが初めてだ。
小説ならではの臨場感にあふれている。

カバー・扉図版は、「近世蝦夷人物誌」と「東西蝦夷山川地理取調図」で、どちらも武四郎が描いたものだろう。

【参考サイト】
松浦武四郎記念館 | 松阪市の文化情報
http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/genre/0000000000000/1000000000729/index.html

|

« 【遊】声に出して本を読む会 発表会へ | トップページ | 【読】「北海道人―松浦武四郎」 を読む »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

アイヌ民族・アイヌ語」カテゴリの記事

松浦武四郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/58367249

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】佐江衆一 「北海道人―松浦武四郎」 を読みはじめる:

« 【遊】声に出して本を読む会 発表会へ | トップページ | 【読】「北海道人―松浦武四郎」 を読む »