« 【読】買ってしまうんだなあ | トップページ | 【雑】あと一週間 »

2013年12月24日 (火)

【遊】あきる野へ

ひさしぶりに、車であきる野まで。
自宅から車で20キロほどだ。

キッコーゴ(近藤醸造)という醤油の醸造元で、いつも買っている醤油を購入。
しょう油カレーというのにちょっと惹かれたが、買わなかった。

Kikkogo_pamph

近藤醸造株式会社 キッコーゴ醤油
http://www.kondojozo.com/

東京都あきる野市山田733-1
キッコーゴ丸大豆醤油 近藤醸造株式会社

201312240005

201312240006 201312240007

駐車場の「車も心も前向きに」という掲示が笑える。

201312240004

この後、秋川駅前、あきるの市役所並びにある、あきる野市中央図書館に寄ってみた。
小平図書館友の会で始めた「図書館探検隊」活動の一環。

あきる野市図書館
https://www.library.akiruno.tokyo.jp/index.asp
あきる野市中央図書館
https://www.library.akiruno.tokyo.jp/riyoannai/chuo.html

まだ新しい、きれいな建物。
6年前の平成19年(2007年)に新築されたようだ。

村本建設株式会社-技術情報-現場紹介-あきる野市中央図書館新築工事
http://www.muramoto.co.jp/technology/con_akiruno_library.html
<当工事は秋川市と五日市町が合併し誕生した、あきる野市が格差是正の最後の事業として発注された物件で、 市民が完成を大変楽しみにしている注目された施設である。設計・監理は図書館の権威である岡田新一設計事務所であり、あきる野市のこの施設に対する強い思いが感じられる。 地上3階建というものの、各階の階高4.5~6.7mと高く、敷地有効利用の観点から平面的には敷地いっぱいにフロアーが広がり難易度の高い工事である。>

一階に児童書、二階に一般書が置かれ、ゆったりしたスペースがうらやましい。
地域資料が一般書架にたくさん並べられていた。
閲覧スペースも広々している。

201312240012

「五日市憲法草案」に関する掲示が、二階ロビーの壁面いっぱいにあった。
いい図書館だなあ。

五日市憲法 ―Wikipediaより―
 五日市憲法(いつかいちけんぽう)は明治時代初期に作られた私擬憲法の一つ。1968年(昭和43年)、色川大吉によって東京都西多摩郡五日市町(現あきる野市)の深沢家土蔵から発見されたためこの名で呼ばれる。
 別名を日本帝国憲法という。全204条からなり、そのうち150条を基本的人権について触れ、国民の権利保障に重きをおいたものである。五日市学芸講談会のうちの一人である千葉卓三郎が1881年に起草したとされる。国民の権利などについて、当時としては画期的な内容が含まれ、現日本国憲法に近い内容もみられる。
 五日市憲法は東京都の有形文化財(古文書)に、深沢家屋敷跡(土蔵などが残る)は史跡に指定されている。前者は東京経済大学に保管されていたが、現在はあきる野市の中央図書館に移管された

|

« 【読】買ってしまうんだなあ | トップページ | 【雑】あと一週間 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

青梅・奥多摩・五日市」カテゴリの記事

図書館」カテゴリの記事

コメント

掲載写真の一部に不適切なものがありましたので、削除しました。
関係各位にご迷惑をおかけしましたことを、お詫びします。
2014/6/5 ブログ作成者(やまおじさん)

投稿: やまおじさん | 2014年6月 5日 (木) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】あきる野へ:

« 【読】買ってしまうんだなあ | トップページ | 【雑】あと一週間 »