« 【読】図書館のブックリサイクル | トップページ | 【遊】えどはくカルチャー(米山勇氏)講演二日目 »

2014年3月12日 (水)

【読】建築を見る楽しみ

建築を見るのが好きで、近くの小金井公園にある 「江戸東京たてもの園」 には、よく行く。

ずいぶん前のことだが、たてもの園の見学ツアーで解説をしてくださった、米山勇さんという建築史家がいらっしゃる。
現在は、両国の江戸東京博物館の研究員。
講演会 「えどはくカルチャー」 などの講師としても活躍されている。

その米山先生が書かれた、とても面白い建築ガイドを購入した。

米山 勇 著 / 伊藤陸之 写真
 『時代の地図で巡る 東京建築マップ』

エクスナレッジ 2013/7/1発行 159ページ 2,000円(税別)

三つの異なる時代の地図を載せ、地域ごとに代表的な建築物を写真入りで解説している。
建築の見どころがしっかり押さえられていて、ガイドブックとしても最適。
行ってみたくなるような建築が満載だ。

いい本です。

― Amazonより ―
歴史的な名建築は過去の江戸と東京の雰囲気を今に伝える生き証人です。
そんな、東京・横浜に残る名建築を、江戸時代と戦前の古地図と共にガイドする建築マップの登場です。
掲載する古地図は江戸時代の江戸をカラフルに描く江戸切絵図と1/1万で戦前の街並みを精緻に描く赤図の2種類。
江戸切絵図は尾張屋板(復刻版)で、縦横に張り巡らされたお濠と水路、整然と立ち並ぶ武家地と緑豊かな神社仏閣、そしてひしめく町屋を臨場感一杯に描きます。
赤図は、水の都の雰囲気をまだまだ色濃く残した帝都東京のロマンを偲ばせます。
本書は、戦災と高度経済成長を経て姿を変えた現在の東京の三時代の地図を見比べることができ、名建築が建てられた時代の息吹と街並みの変遷を鮮やかに想起させます。
紹介する名建築は130以上。時代時代の名建築の見どころを分かりやすく紹介しました。
大判ながらも持ちやすいハンディな判形ですので、是非本書を手に東京の街の歴史散歩に出かけましょう。
目次
 掲載エリアINDEX
 建築名称別索引
 はじめに
 名建築を楽しむポイント
 江戸切絵図の楽しみ
 赤図の楽しみ
 AREA 01 日本橋
  ・渋沢栄一と「東洋のヴェネチア」
 AREA 02 銀座
  ・銀座煉瓦街
 AREA 03 築地
  ・居留地と洋風建築
 AREA 04 丸の内・有楽町
  ・東京駅保存の意義
 AREA 05 日比谷・霞ヶ関
  ・議院建築と明治の2巨頭
 AREA 06 お茶の水・神保町
  ・看板建築
 AREA 07 九段
  ・江戸城と皇居
 AREA 08 上野
  ・聖地から聖地へ
 AREA 09 本郷
  ・ジョサイア・コンドル
 AREA 10 音羽・雑司ヶ谷
  ・友情の記念碑?鳩山会館のステンドグラス
 AREA 11 目白
  ・フランク・ロイド・ライトと日本
 AREA 12 西ヶ原
  ・渋沢栄一
 AREA 13 神宮外苑
  ・宮廷建築家・片山東熊
 AREA 14 新宿
  ・曾禰達蔵
 AREA 15 早稲田
  ・移築保存
 AREA 16 三田
  ・増上寺三解脱門
 AREA 17 高輪・白金
  ・アール・デコ
 AREA 18 品川
  ・渡辺仁とモダニズム
 AREA 19 両国・浅草
  ・関東大震災と後藤新平
 COLUMN
  隅田川に架かる橋を訪ねて
 AREA 20 横浜(関内)
 AREA 21 横浜(山手)

さて、明日は、その米山勇氏の講演を聞きに、江戸東京博物館へ。
前回2月13日に続く二回目。
楽しみだなあ。

 新春えどはくカルチャー│イベント情報│江戸東京博物館
 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/event/culture/index.html#17

■生誕100周年記念 建築家・丹下健三と20世紀
 ②丹下健三と昭和建築

講師 米山勇 (研究員)
日時 3月13日(木) 14:00~15:30
定員 200名
受講料 1,000円 (友の会会員/ボランティアは800円)
※当日受付可能

 → 2014年2月13日 (木) 【遊】えどはくカルチャーへ
   http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-b448.html

|

« 【読】図書館のブックリサイクル | トップページ | 【遊】えどはくカルチャー(米山勇氏)講演二日目 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

江戸東京たてもの園」カテゴリの記事

江戸東京博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/59282188

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】建築を見る楽しみ:

« 【読】図書館のブックリサイクル | トップページ | 【遊】えどはくカルチャー(米山勇氏)講演二日目 »