« 【歩】花海棠、咲く | トップページ | 【遊】桜をたくさん見た日 »

2014年4月 4日 (金)

【読】読了、「ベーリンジアの記憶」

曇り空、肌寒い日。
気温14度。

10日ほど前から読みかけていた本を、ようやく読みおえた。
壮大なロマンだった。

星川淳 『ベーリンジアの記憶』
  幻冬舎文庫 1997/9/11 318ページ

 

入手困難なのが残念な本だ。
私は図書館から借りた文庫版を読んだ。

電子書籍(Kindle版)で復刊されているようだが、電子書籍に興味のない私は購入する気もない。

ちなみに、この文庫版の親本である 『精霊の橋』 (幻冬舎・1995年3月発行)は、Amazonで安く手にはいるようだ。
この単行本を購入する気はないが、どこかに文庫版が売られていないものだろうか。
(文庫版は、Amazonで高額な値段がついている)

文庫版あとがきが書かれたのは、1997年秋。
その前年、1996年夏に、著者とも交際があったらしい写真家・星野道夫が亡くなっている。
星野さんの死についても、あとがきで触れられている。

また、文庫版解説は、映画監督・龍村仁が書いている。
「地球交響曲(ガイア・シンフォニー)」 の監督だ。
龍村氏もまた、星野さんとの関わりが深かった。

   

【過去投稿記事】
 2014年3月25日(土)
 【読】この小説はおもしろい: やまおじさんの流されゆく日々
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-7bc9.html

|

« 【歩】花海棠、咲く | トップページ | 【遊】桜をたくさん見た日 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

星野道夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/59409207

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】読了、「ベーリンジアの記憶」:

« 【歩】花海棠、咲く | トップページ | 【遊】桜をたくさん見た日 »