« 【読】おもしろい冊子を入手 | トップページ | 【読】興味ぶかい本 »

2014年5月28日 (水)

【遊】えどはくカルチャーへ

今日の最高気温は26度ほど。
陽ざしのきつい一日だった。

昼前に家をでてバスと電車を乗り継ぎ、両国の江戸東京博物館へ。

えどはくカルチャー
 「見たい! 日本の名建築 Ⅳ」 の2回目
「近畿(京都・奈良以外) 1」 を聴講。

講師は、江戸東京博物館研究員の米山勇氏。
いつもながら、建築の見どころをわかりやすく解説してくださって、面白い講演だった。

住吉大社、伊勢神宮、金剛峯寺などの寺社建築の魅力を強く感じた。
近代建築には、さほど魅力を感じなかった。

Edohakuculture20140528



行き帰りの乗り物の中で、中断していた本を読んだ。

小平図書館友の会の読書サークルで、テキストになっていたもの。

 読書サークル・小平 2014年5月開催案内: 小平図書館友の会ブログ
 http://yamaoji.cocolog-nifty.com/kltomonokai/2014/04/20145-5a3c.html

半分近くまで読んで、その先が読めなかった。
あらためてじっくり続きを読んでみると、これがなかなか面白い。

『里山資本主義 ―日本経済は「安心の原理」で動く』
 藻谷浩介・NHK広島取材班
 角川oneテーマ21 2013/7/13発行 308ページ 781円(税別)

図書館では、あいかわらず予約待ち状態の人気の本。
新書大賞2014年 第一受賞。

にっちもさっちも行かなくなったように感じられてならない、いまの日本の状況。
そこに風穴をあけるヒントを、この本に書かれた事例が示唆しているように思う。

2014/3/30(日) 東京新聞 読書欄

20140330_tokyoshinbun

【参考サイト】
藻谷浩介さん「お金に換算できない価値が眠るところ」 | あの人に聞く"里山のチカラ" | NHKエコチャンネル
http://www.nhk.or.jp/eco-channel/jp/satoyama/interview/motani01.html
番組の見どころ・出演者 - 「里山資本主義」が日本を変える!? - Biz+サンデー - NHK
http://www.nhk.or.jp/bizplus/cast.html

|

« 【読】おもしろい冊子を入手 | トップページ | 【読】興味ぶかい本 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

江戸東京博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/59720447

この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】えどはくカルチャーへ:

« 【読】おもしろい冊子を入手 | トップページ | 【読】興味ぶかい本 »