« 【歩】図書館まで | トップページ | 【雑】台風一過 »

2014年7月10日 (木)

【遊】えどはくカルチャー(北海道の名建築)

台風8号が近づいているけれど、いまのところ湿った南風が吹いているだけで、まだ雨にはなっていない。
家の中があまりにも蒸し暑いので、エアコンの除湿をいれた。

午後から、両国の江戸東京博物館へ。
「えどはくカルチャー」 の 「見たい!日本の名建築Ⅴ」、その一回目を聴講した。
三回連続の一回目は、北海道編。
講師は米山勇さん。

江戸東京博物館
 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
夏期えどはくカルチャー│イベント情報│江戸東京博物館
 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/event/index.html

201407100001201407100002

201407100003

今日のレジュメ、1ページ目には 「北海道開拓の村」 のマップが掲載されていた。
私はまだ行ったことがない。
50棟ほどの建築物が移築されていて、まるで明治村のようだ。
いちど訪ねてみたいと思う。

札幌市厚別区厚別町小野幌(野幌森林公園内)にある。

北海道開拓の村
http://www.kaitaku.or.jp/

レジュメの2ページ目には、北海道大学のキャンパス・マップ。
スライドで、早稲田大学のキャンパスの広さと比較して見せてもらった。
早稲田のキャンパスは、なんと北大キャンパスの第一農場(広域避難場所)ぐらいの面積しかないことがわかり、あらためて北大キャンパスの広大さを知った。

函館五稜郭の近くに「四稜郭」というのがあることも、はじめて知った。

今日、紹介してもらった建築。

・札幌 八窓庵(旧舎那院忘筌) *重要文化財
・松前 福山城(松前城)本丸御門 *重文
・松前 法源寺山門 *重文
・上ノ国 上国寺本堂 *重文
・上ノ国 旧笹浪家住宅 *重文
・余市 旧下ヨイチ運上家 *重文

寺院や住宅建築は、歴史が浅いせいもあって、見るべきものが少ない。
ここから、近代建築。

・開拓使本庁舎
(現存しないが、旧開拓使本庁舎として「北海道開拓の村」に外観のみ再現されている)
・札幌市時計台(旧札幌農学校演舞場) *重文
(時計塔が後から乗せられたものだと知る)
・札幌 豊平館 *重文
・北海道庁旧本庁舎 *重文
(ドームがいちど撤去され、その後、鉄骨造で復元)
・北海道大学農学部(旧札幌農学校)第二農場 *重文
・北海道大学農学部植物園・博物館 *重文
・北海道大学古河講堂 *登録有形文化財
・北海道開拓記念館 (佐藤武夫設計)
・小樽 旧日本郵船株式会社小樽支店 *重文
(佐立七次郎というジョサイア・コンドルの弟子による設計)
・小樽市鰊御殿(旧田中家住宅)
・小樽 旧手宮鉄道施設 *重文
・小樽 坂牛邸
(フランク・ロイド・ライトの弟子である田上義成の設計)
・函館 旧函館公会堂 *重文
・函館 遺愛学院女子中学校・高等学校(旧遺愛女学校)
 旧宣教師館 (J.M.ガーディナー) *重文
 本館 (同上) *重文
 講堂 (W.Mヴォーリーズ) *重文
・函館ハリスト正教会復活聖堂 *重文

そして、旭川。

・旧旭川偕行社 *重文
・旭川市庁舎 (佐藤武夫)
(同時期に建てられた丹下健三設計の香川県庁舎と瓜二つ)

北海道の近代建築も面白い。
明治期、日本人の建築家が西洋建築を学び、建てようとした、その涙ぐましい努力を感じる。

いつもながら、楽しくためになる米山氏の講義だった。
配布されるレジュメはモノクロ印刷だが、スクリーンのスライドはカラーで、建築の特徴がよくわかる。

残り2回は、8月14日と9月11日の「中国編」。
広島の原爆ドームの写真が、えどはくカルチャーの案内に載っている。
楽しみだ。

|

« 【歩】図書館まで | トップページ | 【雑】台風一過 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

江戸東京博物館」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ちょっと質問がありコメントさせて頂きます。
この北海道の名建築の講座を受講していたのですが、
レジメを無くしてしまいました。

米山先生が講座の最後の方で「行く価値あり!」と
おっしゃっていた建築物の名前がおわかりでしたら、
教えていただけますでしょうか。
重文ではなく比較的新しいもので、たしか内部が煉瓦で、建物の前に金属製のポールがあって、ポールの説明もされていたような・・・。
たぶん、公共施設だったと思います。

とても曖昧な内容で、しかも少し前のことなので、
大変申し訳ないのですが、
おわかりでしたら、よろしくお願い致します。

投稿: SOHO | 2014年8月25日 (月) 18時22分

>SOHOさん
私のブログをご覧くださって、ありがとうございます。
ご質問の件ですが、レジュメを見返してみて、これではないかと思います。
北海道開拓記念館 佐藤武夫設計(遺作)昭和45年
札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
内部の大壁が木煉瓦、蹄鉄を埋め込んである。
佐藤武夫は音響学者でもあった。
(以上、私のメモ)
建物の前には、鳥の形(?)をしたポールがあります(レジュメ写真)。

北海道開拓記念館 WebSite
http://www.hmh.pref.hokkaido.jp/
Twitter
https://twitter.com/Hokkaido_Museum

投稿: やまおじさん | 2014年8月25日 (月) 21時28分

ありがとうございます!
これです!
でも、工事休館中なのですね。
来月札幌出張するので寄ってみたいと思ったのですが、残念です。
工事終了後にまた行けたら行きたいなと思います。
この度はご親切にありがとうございました。

投稿: SOHO | 2014年8月27日 (水) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【歩】図書館まで | トップページ | 【雑】台風一過 »