« 【楽】熱帯JAZZ楽団を聴く | トップページ | 【雑】九月の雨 »

2014年8月31日 (日)

【読】草むしり、のち読書

まるで秋になったように、過ごしやすい日。

朝7時から、住棟の周囲の草むしりに参加。
デング熱を媒介しそうなやぶ蚊に悩まされながら、一時間ほど汗をかく。

気温が低く、雨も降らなかったので、よかった。
シャワーを浴びて、朝食。


その後、家の中をざっと掃除して、読みかけの本を読む。

下重暁子・黒田夏子
 『群れない 媚びない こうやって生きてきた』

 海竜社 2014/6/10発行 263ページ 1,500円(税別)

早稲田大学で同期だった二人の対談。
敗戦前後の体験談が興味ぶかかったが、ちょっと説教臭さも感じて、いまひとつだった。

下重さんがラジオ番組(8/16TBSラジオ「永六輔その新世界」)に出演した時の話は、面白かったのだが……。

放送内容紹介 - 土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界|TBS RADIO 954 kHz
http://www.tbs.co.jp/radio/rokuchan/news/20140816.html

□話の特集
 ゲスト 下重暁子さん
 藍染をはじめとした伝統的な染物の話、
 そして浮世絵や筒描きなど芸術作品、江戸と現在、
 海外の美術品について伺いました。
 また、“やなぎ句会”のエピソードでも盛り上がりました。

これは、図書館から借りていた本。
次に待っている人がいるため、読み終えてすぐに返却した。

『ラダック――懐かしい未来』 も、昨日読み終えたので、あわせて返却。
これは、手元に置いておきたいほど、いい本だった。
再販を望むところだ。

返却のため、隣接市(東村山)の図書館まで、自転車で往復3キロちょっと。
薄日が射して、歩いて行くには少々暑かった。

『ラダック ――懐かしい未来』
 ANCIENT FUTERS ―― Learning From Ladakh
 ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ Helena Norberg-Hodge
 山と渓谷社 2003/7/10発行 262ページ 1,600円(税別)

 

【参考サイト】

書籍『懐かしい未来 ラダックから学ぶ』 - なつみらSHOP
http://afutures.shop-pro.jp/?pid=38628567

 ※ このサイトから購入可能なのかもしれない。


さて、次の本にとりかかろうか。
これも地元の図書館から借りている本。

ラダックに魅せられたライターの滞在記なので、気楽に読めそう。
なによりも、美しい写真満載なのがうれしい。

山本高樹 『ラダックの風息(かざいき)――空の果てで暮らした日々』
 スペースシャワーネットワーク 2009/3/10発行
 239ページ 1,600円(税別)

 

【山本高樹さんのサイト】

yama_taka : Takaki Yamamoto's Personal Website
http://ymtk.jp/

(上記サイト内)
The Wind Knows My Name | Takaki Yamamoto | Writer, Editor, Photographer
http://ymtk.jp/wind/
Days in Ladakh | ラダック滞在記 | 山本高樹
http://ymtk.jp/ladakh/

(Facebook) Days in Ladakh
https://www.facebook.com/daysinladakh

(Twitter)
https://twitter.com/ymtk_ladakh

|

« 【楽】熱帯JAZZ楽団を聴く | トップページ | 【雑】九月の雨 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【楽】熱帯JAZZ楽団を聴く | トップページ | 【雑】九月の雨 »