« 【読】気になっていた本を読む | トップページ | 【遊】台風接近中、小平へ行く »

2014年10月 4日 (土)

【読】もう一冊、内田樹さんの本を

今日は快調に本を読むことができた。

内田樹さんの本を、もう一冊、読破。
これも面白かった。

参加している読書サークルの主宰者(私の読書の師匠と呼びたい)が、内田樹氏の最高傑作と言っていたが、その通りだった。

内田樹 『街場の共同体論』
 潮出版社 2014/6/20発行 267ページ 1,200円(税別)

― e-honサイトより ―
[目次]
第1講 父親の没落と母親の呪縛
第2講 拡大家族論
第3講 消費社会と家族の解体
第4講 格差社会の実相
第5講 学校教育の限界
第6講 コミュニケーション能力とは何か
第7講 弟子という生き方
[出版社商品紹介]
日本一のイラチ男が物申す。現代社会が抱える難題の解決への道しるべを大胆に語る。

|

« 【読】気になっていた本を読む | トップページ | 【遊】台風接近中、小平へ行く »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

内田樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】気になっていた本を読む | トップページ | 【遊】台風接近中、小平へ行く »